2022年6月6日サル痘と海外旅行

国務省は、サル痘に関する情報を定期的に公開し始めました。サル痘は現在、世界28か国で確認されています。

この病気は新しいものではありませんが、捕まえられた場合、重大な問題を引き起こす可能性があります。 日本のローカルニュースでは、海外旅行の前にこの記事を読むことをお勧めします。

サル痘が風土病ではないいくつかの国でのサル痘の発生(リリース4ᵉ)

2022年6月6日。

●6月4日、世界保健機関(WHO)は、ウイルスが流行していない27か国でサル痘の症例が確認されたと発表しました。 WHOはさらなる調査を行っています。

ラトビアの保健当局はまた、感染の確認された症例を報告しました。

●現在の効果的な予防方法には、症状のある人間や哺乳類との接触を避けることが含まれます。 B.サル痘を感染させることができる齧歯動物。 また、石鹸とアルコールベースの消毒剤で手を洗うことをお勧めします。

●したがって、現在、monkeypoxウイルスの存在は、28か国(アルゼンチン、カナダ、メキシコ、米国、モロッコ、アラブ首長国連邦、連邦、オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス)。、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、イタリア、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、オーストラリア、ラトビア)。

海外旅行者は予防策に特に注意を払うよう求められます。 同様に、上記以外の国や地域への旅行を計画している人は、感染のリスクを考慮し、予防措置を講じる必要があります。

○6月4日のWHO発表

https://www.who.int/emergencies/disease-outbreak-news/item/2022-DON390

1.サル痘の流行状況

●6月4日、世界保健機関(WHO)は、ウイルスが流行していない27か国で780例のサル痘が確認されたと発表しました。 ラトビアの保健当局はまた、感染の確認された症例を報告しました。 この病気が風土病ではない国や地域では、死亡は報告されていません。 WHOはさらなる調査を行っています。

2.サル痘について

(最初の概要。

サル痘は天然痘に似た症状を伴う急性発疹疾患です。 リスなどの齧歯動物は自然のベクトルと見なされます。 伝統的にアフリカに固有であり、2021年12月以降、カメルーン、中央アフリカ、コンゴ共和国、およびコンゴ民主共和国で症例が報告されています。 症例は、リベリア、ナイジェリア、シエラレオネからも報告されています。

(2)症状。

潜伏期間は5〜21日(通常は6〜13日)で、死亡率は数パーセントから10%になります。 最初の症状はとりわけ

  • 熱、
  • 寒気、
  • 背中の痛み、
  • 筋痙攣
  • リンパ節の腫れなど。

特徴的な発疹は、発熱の1〜3日後に顔や四肢に現れ、口、性器、目にも現れることがあります。 臨床的には、天然痘と区別することは困難です。

(3)予防。

サル痘が流行している地域では、以下の感染予防策を講じ、感染が疑われる場合は直ちに医師の診察を受ける必要があります。

●症状のある人の水滴や体液(汗、涙など)との接触を避けてください。
●石鹸と水またはアルコールベースの手指消毒剤で洗うことにより、手指衛生を良好に保ちます。 症状のある人が使用する衣類、寝具、タオル、食器などに触れるときは、手指衛生に特に注意してください。
●サル痘の潜在的な媒介動物であるげっ歯類やその他の哺乳類(死骸を含む)との接触を避け、野生動物(ブッシュミート=ブッシュミート)を食べたり扱ったりしないでください。
●多くの人が集まるイベントなどに参加するときは、他の人から適度な距離を保ってください。

(4)治療。

対症療法

参考のため

○厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/monkeypox_00001.html

○厚生省検疫サービス
https://www.forth.go.jp/news/20220521_00001.html

○国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/408-monkeypox-intro.html

3.政府登録簿への記入

(注:以下は日本人に適用されます。外国人も同様に行うことをお勧めします。詳細については、日本のローカルニュースでこの記事を読むことをお勧めします:海外に住むまたは旅行するときに領事館に登録する理由。)

海外日本人登録簿と「遠隔登録」にご登録ください。

海外に旅行する前に、すべての不測の事態に備え、家族、友人、仕事などと旅程を共有し、目的地での連絡先の詳細を共有してください。 3ヶ月以上の海外滞在を予定している方は、緊急事態に備えて海外日本人登録簿に登録する必要があります。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

同様に、海外旅行や転居(等)が3ヶ月未満の方は、海外滞在中に必要になった場合に備えて、外務省の外国人旅行者登録簿登録簿に登録して安全を確認する必要があります。 (詳細については、以下を参照してください。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html)。

について尋ねる

○外務省領事館サービスセンター。
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
Tel :(メイン)03-3580-3311(内線2902、2903)

外務省関連部局の連絡先

○国務省領事局政策課(海外の医療情報)。
Tel :(配電盤)03-3580-3311(内線4919内線)

○外務省海外安全保障サイト

海外の現地外交使節団の連絡先

各国の海外ミッションの連絡先は、外務省の以下のウェブサイトに掲載されています。

○外務省のウェブサイト:海外での日本のミッションのリスト

https://www.mofa.go.jp/mofaj/link/zaigai/index.html

ソース : 海外安全:外務(mofa.go.jp)

その他の役立つ記事

  • 国境措置とビザ規制に関する記事は、日本のローカルニュースの「移民と国境」コーナーにあります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。