2022/08/16 (夕方) 全国各地で大雨注意報

総合気象情報第5号 大雨・雷・スコール

2022/08/16 16:55 気象庁発表

今から 2022 年 8 月 18 日の夕方まで、北日本の北西部の一部では、非常に激しい雨や雷雨を伴う大雨が発生するでしょう。 土砂崩れ、低地の洪水、高潮、洪水のリスク(および警告)を考えると、警戒する必要があります。 また、雷雨や竜巻などの突風にも注意が必要です。

大気圧の種類など

北海道に位置し、東北東に移動する片面窪み。 同時に、この低気圧から発生する前線が日本海を横切り、黄海にまで伸びています。

低気圧は 8 月 17 日の夕方までに千島列島に到達し、8 月 18 日にこれらの島々の東を通過すると予想されています。 前線は17日夕方にかけて東日本と西日本で停滞し、18日には前線の上に別の低気圧が形成され、北日本を北上する見込みです。

暖かく湿った空気が低気圧や前線に流入し、日本海側を中心に北日本から西日本にかけて大気の状態が非常に不安定になります。

災害を避けるための注意事項

大雨、雷、スコール

雨は北日本から西日本にかけて広範囲に降り、局地的に強い雨が降る所もあります。 北日本のいくつかの場所では、土砂崩れの危険性が非常に高いです。

北日本では8月17日深夜まで、東日本から西日本では8月18日まで雷雨を伴う大雨や大雨となるでしょう。 予想以上に雨雲が強くなると、大雨の恐れがあります。

今後 24 時間で午後 5 時から 6 時までに予想される降水量は、降水量が多くなる場所であるはずです。

180mm 北陸、中国
150mm 北九州
120mm 東海・近畿
100mm 東北

   
8 月 16 日の午後 6 時までの今後 24 時間に予想される降雨量は、高​​くなる場所に到達するはずです。

100~200mm 中国
100~150mm 東北、東海、北陸、近畿

土砂崩れ、低地の洪水、高潮、洪水のリスク(および警告)を考えると、警戒する必要があります。

また、雷雨や竜巻などの突風にも注意が必要です。 積乱雲の兆候が近くに現れたら、建物の中に避難し、安全を確保してください。 また、雹の危険も予想されます。 したがって、作物や農業施設の管理にも注意を払う必要があります。

さらに詳しい情報

地元の気象台からの警報、通知、緊急警報情報、竜巻警報、気象情報に注意してください。 この情報は、「大分号のご案内」に続くものです。 2022 年 8 月 8 日(一般情報)」。 次回の気象庁速報「雨・雷・突風情報(総合情報)」は、8月17日午前5時頃に公開予定です。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。