2022/23年のマクロ経済予測は引き上げられたが、金融の現状

日本銀行は火曜日に、6月1日に終了する2022/23会計年度の成長とインフレ予測を比較しました。日銀は現在、2022/23年に日本のGDPが3.8%(中央値)成長すると予測しています。 10月は2.9%で、「政府の刺激策の影響と需要に追いつくための生産の再開“。

一方、同研究所は、3月31日に終了する2021/22会計年度の予想を下方修正し、サプライチェーンの混乱の継続的な影響により、2.8%(以前は3.4%)の成長しか見込んでいませんでした。 。 2023/24の成長予測も、10月の+ 1.3%から+ 1.1%に引き下げられました。

日本のインフレについては、日銀は2022/23年の予想を以前の0.9%から+ 1.1%にわずかに引き上げ、価格への圧力に注目した。一般的にバランスが取れている「彼女は2014年から体系的に圧力をかけていますが」下降トレンド価格について。

2021/22年の停滞価格に向けて

この調子の変化は、日本が現在世界の多くが経験しているインフレの急増から完全に孤立していないことを示していますが、群島はより穏やかな規模で影響を感じています。 日本のインフレは一般的にエネルギーに限定されており、地元企業は販売価格を上げることで市場シェアを失うリスクを冒すのではなく、生産コストの上昇を吸収し続けています。

1990年代以降の日本における長期のデフレにより、日本の消費者は、特に賃金が現在ほとんど上昇していないため、物価上昇にアレルギーを起こしている。 日銀は、2021/22年の価格は変わらず、2023/24年のインフレ率は以前の1%から1.1%になると引き続き予測しています。

まだ弱い景気回復を考えると、火曜日に、機関はまた、2016年以来それで銀行預金に適用している負の基本レート(-0.1%)を維持しました。 「」インフレ率が短期的に2%の目標を達成することを期待している日銀の取締役はいないため、金融引き締めを検討するのは時期尚早です。‘火曜日の資本経済ノートでMarcelThieliantはコメントしました。 日銀はまた、日本国債を無期限に購入し、10年物の利回りを0%前後に保つという方針を維持しているが、実際にはこのプログラムの範囲を過去1年間で縮小し始めている。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。