2023年夏から日本のクラブがツアーに出る

Mathieu WARNIER、Media365、2022 年 9 月 11 日日曜日 17:23 に公開

毎年繰り返される予定のツアーの一環として、静岡ブルー レブスは来年の夏、カストル、トゥールーズ、モンペリエと対戦します。

日本でのラグビーの発展は、2023年からフランスを経由します。 日出づる国が 2019 年世界選手権を開催し、競技の人気が復活した一方で、以前はヤマハ ジュビロとして知られていた静岡ブルー レブス チーム「ブレイブ ブロッサムズ」によるパフォーマンスは、ベンチマーク測定を決定するのに役立ちました。最高レベルです。 確かに専門サイトによると アジアラグビー1984 年に設立された日本のラグビー リーグ 1 クラブは、2023 年から毎年夏にフランスをツアーし、プログラムの上位 14 チームと数回の親善試合を行います。

プログラムの 3 つのゲーム

これは、日本のチームが標準化し、開発を継続する機会となります。 実際、静岡ブルーレブスは毎年オクシタニア地域に来て、準備コースを修了するという合意に達しています。 これは、今年の日本選手権で 8 位に終わったチームにとって、過去 3 人のフランス チャンピオン、スタッド トゥールーザン、カストル オリンピック、そして現在のトップ 14 チャンピオンのモンペリエに他ならない機会となります。 すでにいくつかのフランスのクラブが日本ツアーを行っていますが、これはオクシタニア地方の旗艦クラブがリベンジを果たし、日本でフランス選手権のイメージを発展させる機会となります。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。