3台のU20がフランスのXVと共に日本をツアーします

フランスのXVのコーチであるファビアンガルティエは、日本でのブルースツアーに3人の新人を呼ぶことにしました。

若いエンツォ・レイビア、ルイス・ルブラン、マティス・パーショーにとっては嬉しい驚きです。 もともとフランスU-20男子グループのジャンマルクベデレードによって呼び出されたマネージャーは、オヨナのウィンガーと2人のアビロンバイヨンヌの選手がついにフランスのXVに参加し、7月2日から9日まで日本でプレーすることを発表しました-ツアーに参加する。XVのコーチから素晴らしいニュースがあります。 マティス、エンツォ、ルイのセレクションでフランスが経験した。 それは並外れたものであり、グループ全体がそれを非常に誇りに思っています。 これは絶好の機会であり、連盟のさまざまな構造で行われているすべてのインテリジェンス作業を検証します。 後継者計画の成功の証拠。 私たちは、この選択がXVdeFranceの経営陣に語った可能性を知っていました。 彼らが数人のプレーヤーを呼ぶ可能性があったので、私たちは36人のプレーヤーで準備をすることにしました。“。

3人の若者は今日マルクシからCNRの管理を引き継ぎ、U20グループでは、イタリアでのサマーシリーズ大会でピエールエマニュエルパチェコ、エミールデイラル、ジェファーソンジョセフに代わります。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。