30年以上にわたりインフレを記録しているが、ヨーロッパよりは低い

エネルギー危機の衝撃は極東にまで及びました。 公式統計によると、日本は 8 月に約 2.8% の消費者物価 (生鮮食品を除く) の上昇を記録しました。 エネルギー価格の上昇を背景に、これは 2014 年 10 月以来の高値です。

しかし、消費税の引き上げにより人為的に物価が上昇した 2014 年を除外すると、日本列島の 8 月のインフレ率は 1991 年以来最高となりました。 2.7%を予測していたブルームバーグエージェンシーで。

外部インフレ

この価格上昇は主に、8 月に観察されたインフレのほぼ半分を占める戦後のウクライナのエネルギー価格の高騰から始まる外的ショックによって説明されますが、食料品でも同様です。 実際、日本は食料消費のほぼ 60% を輸入しています。

供給困難によって引き起こされたこのインフレの状況において、日銀はまだ金融政策を引き締めていません。英国のように、時には 10% に近い、はるかに激しいインフレに直面している西側諸国の中央銀行とは異なります。 日銀は金利をほぼゼロに保ちます。 その結果、特にドルに対して円が数か月間下落しており、海外からの送料が上昇している消費者や企業に不利な状況となっています。

金融政策の引き締めは見えない

それはそれらを不人気にします、日銀 「変わらない」 来年4月の黒田東彦総裁の2期目と最終期の終了に先立つ金融政策、 「最後のビッグチャンスだから」 ブルームバーグに買収された明治安田経済研究所のエコノミスト、児玉祐一氏によると、彼が日本でインフレを本当に復活させるために。 実際、日本の中央銀行は調整中です 生鮮食品を除く 2% の健全なインフレ目標。 彼女はほとんどそこにいますが、価格の上昇がより高い賃金につながることをまだ望んでいます.

とりわけ、日本の消費者物価上昇率は依然として高い ” 弱い ” ただし、アメリカやヨーロッパに比べると 「賃金の伸びが限られているため、これらの比較的緩やかなインフレ率は所得にも影響を与える」 世帯のうち、ムーディーズ アナリティクスのエコノミスト、ステファン アングリック氏は今週火曜日のメモで、インフレは 「さらに登るリスク」。

(AFP付)