4つの「古いブランチ」が日本でTikTokスターになります

50代と60代の4人が日本のTikTokスターになり、シャツとネクタイでぎこちなく踊り、人口減少に見舞われた小さな町を宣伝するために2度目のビデオで揺れています。

2月の最初の振り付け以来、遊び場から神社、都市の建物に至るまでの場所で撮影された彼女のビデオは、1600万回以上視聴されています。

4人の男性は自分たちを「おじくん」と呼んでいます。これは若い日本人が使用する俗語で、「おじさん」(「祖父」または「老人」)と「キュン」(「ハートブレイカー」を意味する)を混ぜ合わせたものです。

彼らは、音楽との同期を保つのに苦労しているときでさえ、腹の周りに大きくて派手な色のぼろきれを着て、顔を冷静に保ちます。

白瀬匠さん(52)は月曜日にAFPに、3人の友人とこのグループを始めて、西日本の岡山県にある小さな町、ウェイクについて人々に話してもらうことを試みたと語った。

「私たちは、人口減少に苦しんでいる高齢化した農村コミュニティを活性化する何かを提供したかったのです。子供はますます少なくなっています」と、コンピューターとガーデニングの起業家は説明します。

ウェイクの人口は現在約14,000人で、需要不足のため小学校は閉鎖されています。 ショッピングセンターもなくなり、毎年恒例のフェスティバルがこの地域で開催されなくなりました。

「観光客としても、新しい住人としても、人々がウェイクに来ることを奨励したい」と白瀬氏は付け加えた。

TikTokの多くの「ojiqun」ファンは、各ビデオの下にハートのシンボルを付けてコメントを振りかけ、「素晴らしい」と「愛らしい」と呼んでいます。

「笑いが止まらなかった」とあるユーザーは言い、別のユーザーは「久しぶりに穏やかな笑顔を見せた」と語った。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です