4月の日本の実質賃金は、インフレが急増する中、4か月で最大の低下を記録しました。

報告書は、食料や他の多くの必需品のコストを押し上げている世界的なエネルギーと商品価格の上昇による日本の家計への打撃を和らげようとする際に政策立案者が直面する課題を強調しています。

家計の購買力のバロメーターであるインフレ調整後の実質賃金は、物価上昇が名目賃金の上昇を上回ったため、4月に前年比1.2%下落した。

データによると、12月の1.3%の急落以来、この低下は最初で最大です。

同省が実質賃金の計算に使用している消費者物価指数は、生鮮食品の価格を含み、住宅所有者が支払う対応する家賃を除いたもので、4月に3.0%上昇し、2014年10月の3.4%上昇以来最大の上昇となった。

これは、前月の修正された2.0%の増加と比較して、4月に1.7%増加した名目現金収入を上回りました。

事業活動の重要な指標である残業代は、4月に前年同期比5.9%上昇し、8ヶ月で最も急上昇した。

企業が逆風で削減する傾向がある自主的な季節ボーナスを含む特別支払いは、3月の13.9%の増加から4月に7.2%増加しました。

次の表には、4月の月間収益と従業員数に関する予備データが含まれています。

————————————————– ————–

支払い(金額)(前年比変化率)

現金レシート総額283,475円($ 2,170.23)+1.7

-月給271,341円+1.5

-通常給与251,417円+1.1

-残業代19,924円+5.9

-特別支払い12,134円+7.2

————————————————– ————–

雇用者数(百万人)(年間変化率)

合計51,133+0.5

-一般従業員35,399+0.4

-パートタイム従業員15,734+0.6

————————————————– ————–

部門は、「労働者」を1)5人以上を雇用する会社で1か月以上雇用されている人、または2)日常的に雇用されている人、または1か月未満の契約を結んでいるが働いている人と定義しています。調査が完了する前の2か月間に5人以上の従業員がいる会社で18日以上。

完全な表を表示するには、次のアドレスの労働省のWebサイトにアクセスしてください。 http://www.mhlw.go.jp/english/database/db-l/index.html

($ 1 = 130.6200円)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。