5代目プリウスは2023年春に登場予定

トヨタが最初のプリウスの導入で自動車の歴史を作ってから約 25 年後、トヨタはこの象徴的なモデルの第 5 世代を日本とロサンゼルス モーター ショーで世界初公開しました。 新製品は 12 月 5 日にヨーロッパで発表され、2023 年春に発売される予定です。

リーダーシップの象徴 トヨタ ハイブリッド技術に関しては、 プリウス 1997 年の導入以来、自動車の世界に永続的な影響を与えてきました。 2023 年春に世界市場に投入される予定の第 5 世代は、日本とロサンゼルス モーター ショーで世界初公開されました。
プラグインハイブリッドエンジンとしてヨーロッパでのみ利用可能になる新参者は、100%電気(BEV)および燃料電池(FCEV)モデルも含む日本ブランドのマルチテクノロジー範囲を強化し、効率の向上を常によりアクセスしやすくしますCO2排出量を削減します。

2代目以降のプリウスの象徴である「スクエア」なデザインが現代的なラインへと進化。 車高を50mm下げ、ルーフピークを後方に移動し、最大19インチの大径タイヤを使用することにより、新しい流れるようなシルエットが実現しました。
余計な形やラインを排し、自然の空気の流れにインスパイアされたシンプルでクリーンなデザインを採用。 スタイリングの個性は、前世代よりも 50mm 長いホイールベースによって強化されています。 同時に、車の全長は 46 mm 短縮されました。
新しいプリウスは、ダイナミックなスタンスの恩恵を受けて、先代よりも 22mm 幅が広くなりました。 フロントでは、「ハンマー ヘッド」パターンがライトをエレガントに統合し、このモデルの特徴的なスタイルを強調しています。 車両後部の革新的なデザインは、立体的なライン照明によって強調されています。

トヨタのプリウス、u新しいキャビン アーキテクチャ

調和のとれた黒で仕上げられたキャビンは、乗客環境、ドライバー モジュール、フローティング ダッシュボードの 3 つのエリアに分かれています。
乗客とドライバーの環境は広々としており、高品質の素材で構築され、全体的なダイナミズムを伝えるトリムが強調されています。

ドライバーモジュールは、「手はハンドル、目は道路」の原則に基づいています。 7 インチ TFT ディスプレイは、多くの情報をステアリング ホイール上のドライバーの視界に直接収集するため、最小限の視線移動で見ることができます。
まったく新しいフローティング インストルメント パネルは快適性を優先し、ドライバーの前方視界の妨げを最小限に抑え、使いやすさと視認性を最大化する落ち着いたデザインを備えています。 低い位置にある目立たない中央スクリーン、細かい空調コントロール、色の変化によってアラートが表示されるToyota Safety Senseシステムからの通知にリンクされたダッシュボード照明を組み合わせています。
プリウス 5 ​​は、より多くのパワーと改善された効率の両方を提供するトヨタの新世代のプラグイン ハイブリッド システムを取得します。 TNGA 2.0 ガソリン エンジンは 148 馬力 (111 kW) を発揮し、新しい 160 馬力 (120 kW) のフロント電気モーターと合わせて、合計 223 馬力 (164 kW) の出力を発揮します。 プラグイン ハイブリッド構成の現行世代の 122 hp (90 kW) と比較すると、パワーが向上したことで、著しく力強くダイナミックな加速が可能になります。

新しい 13.6 kWh のリチウム イオン バッテリーのおかげで、純粋な電気モードでの航続距離が 50% 以上も改善され、ほとんどの日常的な走行を無公害にすることを目指しています。 バッテリー アーキテクチャは、より高いエネルギー密度のセルで最適化されています。 これにより、バッテリーはコンパクトになり、後部座席の下に設置でき、重心を低くすることができます。
最大限の効率を求めて、再生可能エネルギーを屋根のソーラー パネルから生成することもできます (設計によって異なります)。

****************
きちんとした空気力学

新しいプリウスは、Toyota New Global Architecture (TNGA) の軽量で剛性の高い第 2 世代 GA-C プラットフォームをベースにしています。 バッテリーと燃料タンクの配置を最適化することで低重心化を実現し、安心感のあるドライビングを実現。 ボディは、トップレベルの効率、動作、安定性のために気流を最適化するために、特に注意深い空力処理を受けています。 プリウスのDNAである大胆なデザインは、誰もが無関心にならないクーペのようなシルエットでよりダイナミックになります。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です