5月の工業生産不振

木曜日(6月30日)に発表された予備データによると、日本の工業生産は、中国のロックダウンによって悪化した主要なサプライチェーンの混乱の中で、5月に前月比7.2%減少し、2年間で最大の減少となりました。

ブルームバーグエージェンシーのコンセンサスエコノミストは、4月の-1.5%の後、わずかにマイナス0.3%になると予想していました。 経済産業省(METI)によると、5月の日本の工業製品の出荷は4.3%減少し、在庫は横ばい(-0.1%)でした。 同省によると、自動車、電気機械、電子情報通信機器、生産機械が、この1か月間の産業生産高の減少の主な原因でした。

特に4月から6月初旬にかけての上海での中国のCovid-19の封鎖は、世界のサプライチェーンに大きな影響を与えており、エコノミストは、今後数か月の日本経済の予想される回復を弱めるのに役立つ可能性があると述べています。 これは、6月中旬に繰り返された、パンデミックからまだ回復している日本経済は非常に緩和的な金融政策を維持する必要があるという日本銀行の考えを慰める可能性があります。

Metiが毎月調査した実業家は、6月に生産が大幅に回復すると予想しています(+ 12%)。 しかし、ブルームバーグ・エコノミクスの増島有希氏は、米国経済の減速の兆しが加わり、今後数ヶ月は日本の製造業生産の悪化と景気回復の鈍化のリスクが高いままである。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。