5Gに加えて、日本はすでに6Gネットワ​​ークに取り組んでいます

30年代と2000年代に計画された6Gネットワ​​ークは、第5世代または5Gの10倍のスループットを実現します。 これは、5Gを超えた日本の資金調達コンソーシアムの予測です。

日本は通信と技術の競争力のある国になりたいと思っています。 これは、日本の内務省、学術機関、パナソニック、トヨタ自動車、NECなどの企業で構成されるBeyond 5GPromotionConsortiumが6Gネットワ​​ークを推進していることからも明らかです。 このように、国は開発の初期段階での優位性を期待することができます。 このニュースは、経済学を専門とする日本の新聞である日経によって報道されました。

30年代と2000年代に計画された6Gネットワ​​ークは、第5世代または5Gの10倍のスループットを実現します。 新しいテクノロジーにより、自動運転や医療手術などの分野で、特にレイテンシーとデータスループットの点で大幅な改善が可能になります。 特に最初のケースでは、自動運転に使用されるテクノロジーの目標を設定して、遅延を約1ミリ秒、つまり5Gの遅延の10分の1未満に制限し、エラー率を100万分の1以下にすることを目的としています。 これにより、無線通信の中断による事故を防ぐことができます。 ただし、医療業務の場合、6Gは毎秒数十ギガビットを可能にします。これは5Gの10倍です。 デジタルメタバースも、新しいテクノロジーの効率から恩恵を受けます。

一般に、コンソーシアムは、各セクターおよびアプリケーションの特定の要件を特定するよう努めています。 したがって、共通のパラメータと目標を設定し、6G通信のセキュリティと信頼性を確保するには、世界中の企業との協力が必要です。 「日本の提案は、6月に国連機関である国際電気通信連合内の作業部会に提出される」と日経は報告している。 「タスクフォースは、2023年6月までに6Gネットワ​​ークの技術要件を確立し、特定のアプリケーションの仕様を開発するための基礎としてそれらを使用することを計画しています。 »»

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。