7 月 12 日の貿易赤字

東京 (awp/afp) – 日本は 7 月に 12 ヶ月連続で低迷し、貿易赤字は依然として炭化水素価格の上昇により打撃を受けており、円安により輸入が急増している、と水曜に発表された公式統計が発表された。

日本の財務省によると、先月の日本の貿易赤字は 1 兆 4370 億円(127 億ドル)近くに達し、ブルームバーグのエコノミストによるコンセンサス予想をわずかに上回った。

国内の輸出額は確かに 1 年で 19% 増加して 8 兆 7,530 億円 (701 億ドル) 近くになりましたが、輸入の増加はそれよりもはるかに大きかった (+47.2% で 10 兆 1,900 億円、または約 700 億ドル) 。

疑わしいのは、すべての炭化水素を輸入している列島のエネルギー法案の継続的な爆発です.7月の石炭輸入は価値で269.5%増加し、LNGは124.1%、石油は107.3%増加しました.

数か月にわたる円の下落、特に対ドルでの円の下落は、日本からの輸入コストを上昇させますが、一方で輸出はより安くなります。

2015 年以来最長のマイナスの状態が続いている日本の対外貿易は、国内消費が高い輸入請求額に苦しむ可能性が高いため、国の経済回復を妨げる可能性があります。

したがって、第2四半期の日本経済の成長に対する外国貿易の寄与はゼロでした。これは、同期間の輸出の増加によるプラスの効果が輸入の増加によって相殺されたためです。

月曜日に発表された予備データによると、全体として、日本の GDP は、停滞していた第 1 四半期から 4 月から 6 月末までの間に 0.5% 増加しました。

afp/ck

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。