9月の日本の工場センチメントはコスト圧力で急落

日本の年間消費者物価上昇率は約 2.5% と他国に比べてはるかに低いままですが、卸売価格上昇率は 2 桁台近くに達しており、インフレに消極的な顧客や消費者に直面している企業の利益率を圧迫しています。

世界第 3 位の経済大国で調査対象となった企業によると、最近の円安は 24 年ぶりの安値水準にまで下落したことで、国内企業の輸入コストの上昇という痛みが増しましたが、円安は一部の輸出業者に恩恵をもたらしているとのことです。

「強い需要が見られますが、原材料と燃料のコストは価格の上昇よりも速く上昇しています」と、欧州銀行の四半期ごとの日本に関する「短観」調査(日銀)を注意深く追跡しているガラスメーカーの8月31日から9月までのマネージャーは語った。 .

9月のロイター短観の製造業景況感指数は先月の13から10に低下し、サービス業指数は先月の19から11に下落し、4月以来の低水準を記録した。

製造業者によると、今後 3 か月間、状況は変わらない可能性がありますが、495 の大企業および中規模企業が調査され、そのうち 252 が回答したとき、サービス企業の見通しはわずかに改善されました。

(クリックすると詳しい結果表が表示されます)

製造業では、金属加工、電気機械、石油精製、セラミックスのセクターが 9 月の調査で最も大きな打撃を受け、サブインデックスは 2 桁の下落を記録しました。

ある機械メーカーの従業員は、「ロシアとウクライナの状況に起因する不確実性と原材料価格の上昇により、顧客は投資計画に慎重になっている」と語った。

一方、日本の自動車産業のコア指数は 3 月以来の最高水準に改善し、繊維および製紙セクターの指数は 2 桁の成長を記録しました。

ある製紙会社の取締役は「日本はヨーロッパや北米と同様にCOVID治療方針を制限のないものに切り替えて以来、需要が高まっている」と述べたが、「中国の都市閉鎖やエネルギー危機のリスクなどの懸念要因不足が続いています。」

今年は米ドルに対して約 20% 下落し、今月は政策立案者から口頭で強い警告が発せられた円安の影響により、全般的に複雑な状況が残されました。

調査では、食品メーカー、建設会社、卸売業者など、主に国内の顧客と取引する企業が、通貨安によるコストの増加について懸念を表明しました。 しかし、機械メーカーや海運会社など、輸出に依存している企業にとっては、円安が市場での競争力を高め、売上を押し上げているため、安堵している。

両者の間で、「現在の円安は売上にはプラスだが、原材料費にはマイナスであるため、前後の状況である」と機械会社の回答者は語った.

非製造業者の間では、国境で​​の継続的な管理以外に国が課した制限がないにもかかわらず、日本のCOVID-19の症例数が多いため、消費者が対面での活動を再開するのを思いとどまらせていると言う人もいます.

サービス会社の常務は「基本的には規制の場合と変わらない」と話す。

3 か月の見通しに目を向けると、12 月の調査によると、製造業者は 12 月の全体的なセンチメントが 10 に変化しないと予想していましたが、サービス企業はセンチメントが 3 ポイント改善して 14 になると予想していました。

日銀は、次回の四半期短観の結果を 10 月 3 日に発表します。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。