Activision/Blizzard の買収に関するソニーのコメント

ここに記載されているすべての情報は、公式の回答から取得されています ソニー 現在買戻し契約を検討しているブラジルの規制当局に アクティビジョン/ブリザード 終えた マイクロソフト. ソニーの状況の反響とCall of Dutyのようなタイトルの意味を初めて得ることができるので、特に興味深い応答.

まず興味深いのは、 ソニーはCall of Dutyを必須ゲームと呼んでいます、他に類を見ない大ヒット作と呼んでいます。 日本の巨人は、2019年に実施された調査に基づいてその主張を支持し、Call of Dutyがエンターテイメント全般に与える影響は言葉では言い表せないと述べています. このブランドは、スター ウォーズ、ゲーム オブ スローンズ、ハリー ポッター、ロード オブ ザ リングと並んで、すべてのエンターテイメント ブランドのトップ 10 にランクインした唯一のビデオ ゲーム ブランドです。 彼らはまた、Call of Duty は非常に人気があり、ユーザーのコンソールの選択に影響を与えているとも付け加えています。 (これは、もともと Xbox 360 プレーヤー向けに予約され、その後 PlayStation 4 に最初に上陸したダウンロード可能なコンテンツも反映します。) ソニーは、特に忠実で堅実なコミュニティが、同様の予算にもかかわらず、競争を競争させないと付け加えています.

日本の巨人である Chatty は、有名な FPS の各作品の開発に費やされた莫大なリソースについてコメントし、説明を続けました。 「毎年の Call of Duty リリースは、開発に約 3 ~ 5 年かかります。 Activision は 1 年に 1 つのゲームをリリースするため、年間数億ドルの投資に相当します…” それから加えて: 「各リリースには約 1,200 人が関わっており、さらに 1,500 人が編集と配布に携わっています。 そのため、コール オブ デューティだけでも、開発ポートフォリオ全体で、ほとんどのゲーム会社が雇用するよりも多くの開発者が、AAA スタジオでさえ採用しています。」

ソニーはいくつかの説明を出し続けていますが、最も面白いのは、コール オブ デューティがあまりにも心に定着していて、ライバルに苦しむ必要がないと宣言したものです。 皮肉なことに、「PlayStation」という用語は、ビデオ ゲーム コンソールに関してヨーロッパ人の間で特に定着していることがわかっているため、Xbox ブランドに損害を与えることがよくあります。

最後に、日本の巨人はその回答で、Call of Duty が過去 10 年間、毎年最も売れているゲームであるという事実を強調し、ネットワーク上の加入者数を Battlefield と比較しています。 これは EA のゲームにとって特に痛ましい比較であり、Activision によって開発された FPS がその分野で主権を持っていることを正しく証明しています。

要するに、Sony は Call of Duty サガが Microsoft の所有物になることを懸念しており、このようなタイトルと競合することは不可能ではないにしても難しいと主張しています. 幸いなことに、アメリカの巨人は、サガがPlayStationで引き続き利用できるようにしたいと考えているようです…

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。