ASモナコの南野拓実、クラブとリーグ1のマーケティングボーナス?

日本の攻撃的ミッドフィールダーがロックに到着したことは、クラブにとってだけでなく、特にフランスリーグにとっても大きなマーケティングクーデターになる可能性があります。 分析します。

ヴィンセント・ラブルーネは手をこすらなければなりません。 ルクセンブルクの投資ファンドCVCキャピタルパートナーズとの商業子会社の設立を推進しているプロサッカーリーグ(LFP)の社長は、2028年までにリーグ1を18億ユーロと評価したいと考えています。

必然的に海外でのフランス選手権のテレビ権の爆発を経験する目標。 L1が全能のプレミアリーグなどの他の主要なヨーロッパ選手権に遅れをとっている巨大なプロジェクト(2019年から2022年の48億ユーロに対し、2020年のL1の7500万ユーロ)。

大手クラブが新興市場に参入

一部の新興国では、リーグ1はまだ十分に公開されていません。 これは特にアジアに当てはまります。 それは良いことです、南野拓実はちょうど彼のスーツケースを岩の上に置きました。 「もちろん、LFPとCVCはそのような到着に満足しています。CNRSのスポーツエコノミスト兼研究者であるJean-PascalGayantは言います。 これは、チャンピオンシップの国際化、その魅力と海外での認知度に貢献しています。 »»

アジア市場のような新興市場を征服するには、必然的に日本または中国のプレーヤーの統合が必要です

ルカ・アロンデル

より多くの視聴者が自動的により多くのお金を意味すると誰が言いますか? 「経済学では流出について話しますが、この到着はすべての人に利益をもたらす可能性がありますサッカーのエコノミストであり、CNRSの研究者であり、本の著者でもあるLucArrondelを確認します サッカーのお金

製品を世界中で販売するには、ローカリゼーション戦略が必要です。 シティフットボールグループがその面倒を見る (マンチェスターシティのオーナー)。 アジア市場のような新興市場を征服するには、必然的に日本または中国のプレーヤーの統合が必要です。 »»

ドイツですでに機能しているモデル

ブンデスリーガは、10年以上にわたって日本のプレーヤーの天国であり、日本でこの影響力を利用して、アジア諸国とのいくつかのパートナーシップを築いてきました。 しかし、なぜドイツなのか?

記録として、ドイツの技術者デットマールクラマーは、日本のサッカーがプロでさえなかった1960年代に、日出ずる国に旅行しました。

また読む: ASモナコ:成功の理由

この旅行では、デットマールクラマーは、サッカーのビジョンで大衆を魅了したでしょう。 彼の仕事はまた、ブンデスリーガでさらに成長する可能性のある地元の才能を特定することを可能にしたでしょう。 1978年、奥寺康彦はヨーロッパでプレーした最初の日本人選手でした。 どこ ? もちろんドイツでは。

それ以来、この国の最高の選手たちは、アジアでこれまで以上に精査されたドイツ選手権(香川真司、内田篤人、岡崎慎司、酒井高徳…)に向けてレースを行ってきました。

ASモナコは今シーズンの午後1時にもっと頻繁に予定されていますか?

LucArrondelとJean-PascalGayantにとって、このような作戦の成功と影響は南野拓実を際立たせます。 フランスと日本の間で7時間の時差があるため、13:00のタイムスロットにより、ASモナコは可視性を得ることができます。

特に、クラブはヨーロッパカップ(少なくともヨーロッパリーグ)に参加するため、日曜日に行われるリーグゲームの数はすでに増えています。

ASモナコの商品の売上は増加する見通しであり、日本でのキットの過去最高の売上を除外することはできません。

ジャンパスカルゲイアント

「それはすでに中国で起こっていますの作者を覚えています サッカーのお金このスケジュールの問題は、必ずしも早くスタジアムに到着する傾向があるとは限らないファンです。 しかし、スタジアムが常に満員であるとは限らないモナコの場合、制限は少なくなります。 »»

他のフランスのクラブも設立した日本での設立。 特に2016年にクラブに加入した国際的な酒井宏樹の貢献のおかげで、オリンピック・マルセイユは翌シーズン、日本の電子商取引の巨人楽天とパートナーシップを結びました。

今月後半、パリ・サンジェルマンは、QSIがシーズン前のツアーで2011年にクラブを買収して以来、初めて諸島を訪問します。

日本人がキリアン・エムバペと仲間のリオネル・メッシに近づく機会。 また、PSGが海外でフォロワーを獲得し、デリバティブ商品を販売することで、日本での存在感を高める方法でもあります。

南野拓実のパフォーマンスが重要になります

ヨーロッパでの地位を確立するのが難しいと感じる国の亡命者をときどき食い物にするアジアのファンに愛されているヨーロッパのスター。

「世界中のサッカーファンは、クリスティアーノロナウド、リオネルメッシ、キリアンエムバペなどの選手に、自国の選手よりも興味を持っていることがあります。」 Jean-PascalGayantを保証します。 ASモナコが南野拓実の効果を利用したいのなら、日本のインターナショナルはそれをしなければなりません。 しかし、何よりもそれは効率的です。

「南野は日本で本当に有名な選手です。 彼は選択のスターアタッカーの一人ですASモナコの商品の売上は増加する見通しであり、日本でのキットの過去最高の売上を除外することはできません。 しかし、日本のメディアの反響が次のように落ちないようにするためには、勢いは絶対に継続し、強化されなければなりません。 »»

また読む: 履歴書、移籍期間、目標…ポールミッチェルの記者会見から何を覚えておくべきですか?

したがって、日本人がすぐにASMの呪文に陥るには、南野拓実が2014年にヨーロッパのRBザルツブルクに到着したときにナゲットと見なされたときに、デビューの効率を取り戻す必要があります。

オーストリアでは、才能のある日本人が皆に自分を明らかにすることで印象を与えました。 彼が過去3シーズンほとんどプレーしていないクラブである巨人リバプールを引き付けるのに十分です。

「彼は上向きのカーブではありませんJean-PascalGayantを分析します。 アジアのプレーヤーが時間の経過とともにヨーロッパで演奏するのに苦労することがよくあります。 カスタマイズと言語の壁が問題になることがあります。 しかし、プレイヤーの可能性はそこにあります。 »»

リバプールが登るには大きすぎると思われる場合、ASモナコプロジェクトは南野拓実が自分自身を完全に表現することを可能にする可能性があります。 その場合、スポーツであろうとマーケティングであろうと、モナコはその賭けに勝ちました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。