Assassin’s Creed: 日本でのエピソードを含むいくつかのエピソード

土曜日の夜に開催された Ubisoft Forward カンファレンスで、日本でのゲームを含むいくつかのアサシン クリード ゲームが発表されました。

ファンの声が聞こえた。 封建的な日本は、アサシン クリードの今後の記事の焦点になります。 この発表は、土曜日の夜、Ubisoft のすべてのプロジェクトを紹介する Ubisoft Forward カンファレンスで行われました。

ビデオ フィードは、約 20 秒の簡単なティーザーに過ぎませんでしたが、すべての要素が好奇心をそそるためにそこにありました。 マスターアサシンは忍者の格好をし、全速力で静かに屋上を移動します。 明らかに彼の手首には、AC ファンが愛する有名なシークレット ブレードがあります。 さらに、Assassin’s Creed: Codename RED は、Assassin’s Creed Odyssey の背後にある有名なスタジオである Ubisoft Quebec によって開発されています。 品質の保証。

拡大するフランチャイズ

このイベント中に、Ubisoft は主力フランチャイズに関連するさらに多くのコンテンツを発表しました。 2020年にリリースされるヴァルハラの2023年の続編を含む、より多くのゲームが発表されました. また、Code Red よりも前にリリースされ、表示される予告編は魅力的です。

それはアサシン クリード: ミラージュと呼ばれ、9 世紀のバグダッドを舞台に、バシムという名の暗殺者を演じます。 このエピソードでは、Ubisoft Bordeaux の開発者は、サガを成功させた源への回帰を約束します。 RPG要素は少なくなりますが、パルクールとステルスが増えます。

いつものように、Microsoft はできるだけ多くのプラットフォームでゲームをリリースする予定です。 Xbox One、Xbox Series X および S、PlayStation 4、PlayStation 5、および PC で利用できます。

最後に、Netflix シリーズが開発中です。 Ubisoft は「壮大な適応」を約束していますが、他に何もリークしていません。 いずれにせよ、2016 年に公開された映画はあまり説得力がありませんでしたが、それ以上の成功を期待しています。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。