ATRは、今後数年間で約100機の航空機が日本で就航すると見ています。

ATRは、国内のリージョナル航空機に対するパンデミック後の需要の増加に対応するために、日本市場での存在感を高めています。

現在、日出ずる国にいる航空機メーカーのステファノ・ボルトリのCEOは、特にATR 42-600のSTOLバージョンの登場により、国内でのATR艦隊の急増を予測しています。

数年以内に約100機のATRが日本を飛行すると推定されています。 航空輸送は、航空会社が国中の乗客と商品の移動に重要な役割を果たす諸島の基本です。 私たちは、責任ある手頃な方法でさまざまな地域をつなぐことにより、航空が日本の繁栄に永続的に貢献することを望んでいます。 新しいATRのほとんどは、古くて効率の悪いモデルに取って代わり、島、遠隔地、日本の主要都市を接続します。 彼は言った。
ATRは6年前に日本市場に参入しました。 現在、天草エアライン、JAC、HACの3社が運航する国内を15機のATRが運航しています。 間もなくTokiAirとORCが加わります。

私たちの航空機の短い離着陸バージョンのおかげで、私たちはすぐに群島のさらに小さな空港にサービスを提供するのを手伝うでしょう:日本には彼らのコミュニティに重要なリンクを提供する短い滑走路を持つ10があります。 ATRのコマーシャルディレクターであるFabriceVautierが発表しました。

念のため、新会社のToki Airは、将来の2台のATR 72-600に加えて、日本でATR42-600Sを導入する必要があります。 将来の格安航空会社は、本州の本州と日本海にある新潟空港を拠点としています。 長崎を拠点とするORC(オリエンタルエアブリッジ)は、来年から2台のDHC-8-200をATR42-600に交換する予定です。

(写真ATR)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。