CJ ENMは、グローバルストリーミングプラットフォーム向けの日本シリーズを共同制作しています

ソウル、5月12日(聯合ニュース)-韓国のメディアおよびエンターテインメントのリーダーであるCJ ENMは木曜日、同社のスタジオドラゴンとラインデジタルフロンティアとの合弁事業を通じて日本にシリーズ制作スタジオを設立すると発表しました。 。

三者は共同で300億ウォン(2300万米ドル)を投資し、今年上半期にスタジオドラゴンジャパンと名付けられた会社を設立する。 Naver Webtoonは、韓国を代表するインターネットポータルNaverが運営するオンラインコミックサービスです。

CJ O&Mによると、提案された合弁事業は、韓国のスタジオの制作と流通の専門知識と日本企業の知的財産(IP)コンテンツを活用することにより、日本のドラマ市場をリードすることを目的としています。

昨年の日本のコンテンツ市場の規模は約1,913億ドルで、米国と中国に次ぐ世界第3位の規模でした。 ラインデジタルフロンティアは、取引量の面で日本最大のデジタルコミックプラットフォームです。

CJ ENMは、予定されている制作スタジオが、Line DigitalFrontierとNaverWebtoonのIPコンテンツを使用して、既存の日本のシリーズから目立つヒット番組を短期間で作成できるようになると予想しています。

「スタジオドラゴンジャパンは、韓国と日本の才能あるクリエーターが互いに交流し、競争力のあるコンテンツをグローバルに拡大するためのゲートウェイとして機能します」と、CJENMの日本におけるドラマビジネスのゼネラルマネージャーであるカンチョルグは述べています。 「さまざまなグローバルストリーミングサービスやその他の新しいチャネルをターゲットにしたプレミアムドラマを制作します」と彼は付け加えました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。