Condé-sur-l’Escaut:「Racein progress」、LycéeduPaysdeCondéの5人の学生を対象としたやりがいのあるコンテスト

今週の水曜日、6月8日、パリで、最初のSTI2D(Technology and Sustainable Development)から4人、一般ターミナルから1人の5人の学生が、教育科学技術である「Courseencours」の決勝戦でリールアカデミーを代表します。チャレンジ。



読書の時間:
2分


参加12年で5回目となるこの学校は、コンテストの最終段階に参加しています。

原則は次のとおりです。学生は 電気自動車のチームを設計する、車両やスタンドを含みます。彼らはまた、ウェブサイトを通じてコミュニケーションを行い、プロジェクトを推進する任務を負っています。 宇宙では、学生たちは日本とマンガからインスピレーションを得て、チーム名として「jatratec」(日本の伝統と技術)を選びました。

すべてのメンバーには、果たすべき特定の役割があります。 その中で唯一の女の子、リア 良心的で目立たない 「それでもチームリーダー」 誇り »、デザインとデジタルシステムのスペシャリストであるLukas、製造とテストを担当するThéo、デザインを担当するNathan、そして最後にコミュニケーションとマーケティングのマネージャーであるRobin。 すべて教師のJean-MarcJackowskiが監督しました。」 このチームがとてもやる気を持っているのを見て幸せで誇りに思っています “。

エコデザインアプローチ

選択された車種は ルノー5ターボ 「」 キャラクターの1人が1つ持っていたのでドラゴンボールZと比較して ‘ネイサンは言います。 電気モーターはルノー(チャレンジの主催者の1人)によって提供され、他のすべては3Dプリンターとレーザー切断機を使用して学校の敷地内でほとんど作られています。 日本の典型的な建築を描いたスタンドの装飾要素は、アスノンを拠点とする会社によって板紙で作られました。

これは、学生が要求するアプローチでもあり、「 エコデザイン 「。」 リサイクル可能な素材でありながら、環境への影響が少ない素材を導入したかった “。ここで彼らはパリの準備ができています。





また読む

Aulnoy-lez-Valenciennes:Motiv’Actionが6月6日から26日に戻ります

キョウ、デイブ、アミールの間で、この夏ヴァランシエンヌでたくさんの無料コンサートが開催されます!

ヴァランシエンヌ:カリルとのブレイクダンスのステップ



このトピックの詳細を読む:

学校、大学、高校中等学校自動車自動車の進化代替エネルギーCondé-sur-l’Escaut(59163、Nord)

ジャン・ジャック・コーリエ
本当に完全に不要な質問。 ..。読み続けて

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。