Crosszone CZ-1、CZ-8A、CZ-10:耳を疲れさせないように設計された超オーディオファンのマルチトランスデューサーヘッドフォン

日本の若いブランドCrosszoneは、岡谷で製造したオーディオファンのヘッドホンを専門としています。 2022年ミュンヘンのハイエンドで3つのモデルCZ-1、CZ-8A、CZ-10を発表しました。正面向きのトランスデューサーを含むいくつかのダイナミックトランスデューサーを使用するという彼らの特定のテクノロジーは、機能を聞くときに私たちにとって良さそうに見えました。 。

CrosszoneCZ1HelmetHighEnd2022Japan

上司の気分?

アジアオプティカルは台湾の多国籍企業であり、その名前が示すように、写真用を含む光学製品を製造しています。 2016年、彼女はHi-Fiヘッドフォンを専門とするCrosszoneブランドを設立しました。 Crosszoneの本社が東京にある場合、その研究センターと製造ワークショップは岡谷にあります。 この街は、日本中部でやや失われましたが、かつては絹織り工場で知られており、小さな湖のほとりにあります。 アジアオプティカルが日本でハイファイヘッドフォンのブランドを作成した場合、それは偶然ではありません。 AsiaOpticalのディレクターであるRobertLaiによると、Crosszoneヘルメットのデザインは、彼のグループの主要な日本のhifiブランドパートナーの1人の技術者に彼が出したであろう個人的な要求から生まれました。 要件は、十分に快適で、長距離の飛行機旅行でリスニング疲労を引き起こさないヘッドセットを作成することでした。

CrosszoneCZ1helmetMulti-encoderHighEnd

上司の要請で、技術者は彼のために2年間働きました。 ブランドの標準であるCZ-1ヘルメットは、この作業の集大成を表しています。他のCrosszoneモデルと同様に、このヘッドセットには特別な機能があります。各イヤピースに複数のダイナミックコンバーターが取り付けられており、長時間のリスニングセッションの疲れを軽減します。

CrosszoneCZ8ACaseuHighEndMunich

マルチトランスデューサーのセットアップ

2022年にミュンヘンで開催されたハイエンドショーで、CrosszoneCZ-1を手に入れることができました。 その製造は、特に簡単にスライドするダイキャストマグネシウムヘッドバンドの巨大なスライダーのレベルで非常に深刻です。 両側のヒンジに組み込まれたねじりばねも、側圧を低減します。 これにより、聴き心地が良くなります。これは、ヘッドホンを耳に装着したときに評価できます。 最も重要なことは、ヘッドセットがマルチトランスデューサー構成のおかげで空間音を再生するというヘッドセットの約束を果たしていることを発見したことです。 サウンドは他のマルチドライバーヘッドホンよりも前向きに見え、レジスタ間のクロスフェードは一貫しています。 実際、複数のスピーカーを聞いているような印象はありません。

CrosszoneCZ8AHelmHighEndMunich2022

スピーカーに向かっているかのように音を再現します

クロスゾーンヘッドホンは、多くのミッドレンジまたはコンシューマーヘッドホンのように耳の間ではなく、リスナーの前でサウンドシーンの知覚に焦点を合わせる空間聴覚を提供するように設計されています。 クロスゾーンモデルは、ART(Acoustic Resonance Technology)と呼ばれる独自の音響共鳴技術とAcousticDelayChambersを使用しています。 これらの2つのプロセスは、下の図に示すように、ステレオスピーカーから発せられる音波が移動する軌跡を再現することを目的としています。

CrossZoneWaveSoundHeadphonesHighEndJapan

ステレオスピーカーと同様に、オーディオファンのCrosszoneヘッドフォンは、スピーカーを使用してサウンドを耳に直接送信します。 ただし、従来のヘッドセットで観察されるものとは異なり、リターンチャンネルサウンドを生成する別のスピーカーが追加されています。 リスニングルームのように、反射音と反転音を作成するためにエアチャンバーが追加されています。 反射および反転したチャンバーサウンドは直接サウンドと混合され、その結果、上に十分な間隔の楽器とボーカルを備えた非常に広く深いサウンドステージが得られます。 CZ-1の場合、 真ちゅう製のリングが40mmのスピーカーを囲み、30mmの高周波トランスデューサーが付いています。 2番目の40mmスピーカーが再生を完了し、壁で反射したり、左チャンネルから右耳に、またはその逆に聞こえるサウンドを生成します。 これはCrosszoneのAcousticResonanceTechnologyの原理であり、ブランドのすべてのヘルメットに搭載されているため、フィードバック用の追加のトランスデューサーがあります。 CZ-8Aヘッドフォンでは、23mmと40mmの2つのダイナミックドライバーが耳に直接音を届け、フィードバック用の35mmドライバーがすべてベリリウムコーティングされ、真ちゅう製のリムが付いています。 CZ-10の側面では、cメインの再生を担当する23mmと35mmのスピーカーが2つあり、さらに35mmのスピーカーが追加されています。 また、ベリリウムでメッキされ、真ちゅうで縁取られています。

CrosszoneHeadsetHeadsetHighEndMunich2022Japan

さらに、スピーカーは、他のチャンネル(右チャンネルから左耳へ、またはその逆)からの音を再生したり、一方の壁にエコーされた場合と同じように音を再生したりするための専用チャンネルを備えた特別に設計されたチャンバーに収容されています。オーディオファンの後ろ。 これは、スピーカー間の位相も最適化するADCテクノロジーまたはAcousticDelayChambersの背後にある原理です。 CZ-1はブランドの歴史的な技術を具体化していますが、Crosszoneの最新の追加であるCZ-8Aは、よりクラシックな丸いイヤカップでもう少し手頃な価格であることに注意してください。 このヘッドセットは、サウンド再生の広がりをさらに高めるためにイヤーカップに特別な導波管を備えていますが、イヤーカップには、EMI干渉から回路を保護するための内部アルミニウムシールドもあります。 最後に、このヘッドセットは、快適さを最適化するために、前面と背面に異なる厚さの3D設計のフォームイヤーパッドを備えています。

CrosszoneHeadsetHeadsetHighEndCZ12022

特定の配線

Crosszoneヘルメットのイヤーカップでは、配線は耐水性と耐湿性のケーブルで構成されています。 外部配線用に、各ヘッドセットには5フィートの3.5mmミニジャックケーブルと12フィートの6.5mmジャックケーブルが付属しています。 すべてのケーブルはOFC認定を受けています(酸素含有量が非常に低い)。 これらのケーブルは、二重シースに収容されています。外側のシースと、4本の小さなケーブルの2つのグループ、つまりチャネルごとに1つのグループの周りの2番目のシースです。 したがって、小型のOFCケーブルは、ジャックまたはミニジャックケーブルごとに8回供給されます。

Crosszoneは、CZ-1、CZ-8A、およびCZ-10ヘッドセットを次の価格で提供しています。 2,200 €€1,800ユーロ800 €€

ソース : crosszone-audio.com

探す 2022年ミュンヘンのハイエンドに関するすべてのニュース

CrosszoneCZ-1ヘルメットの技術的特徴

  • 閉じたヘルメット
  • ダイナミックドライバー(各イヤフォン用):23mm + 40mm + 40mm(リターン)
  • 低音ドライバーのベリリウムコーティングされた膜と真ちゅう製のリング
  • 周波数応答:20Hz〜40kHz
  • 感度:97dB
  • 重量:435g
  • インピーダンス:75オーム
  • 付属のOFCケーブル:ミニジャック1.5 m; 3.5mジャック
  • 価格 : €2,200

CrosszoneCZ-8Aヘルメットの技術的特徴

  • 閉じたヘルメット
  • ダイナミックドライバー(各イヤフォン用):23mm; 40mm; 35mm(リア)
  • ベリリウムでコーティングされたメンブレンと真ちゅう製のリング
  • 周波数応答:20Hz〜40kHz
  • 感度:100dB
  • 重量:435g
  • インピーダンス:75オーム
  • 付属のOFCケーブル:ミニジャック1.5 m; 3.5mジャック
  • 価格 : 1,800ユーロ

CrosszoneCZ-10ヘルメットの技術的特徴

  • 閉じたヘルメット
  • ダイナミックドライバー(各イヤフォン用):23mm + 35mm + 35mm(リターン)
  • ベリリウムでコーティングされたメンブレンと真ちゅう製のリング
  • 周波数応答:20Hz〜40kHz
  • 感度:99dB
  • 重量:385g
  • インピーダンス:75オーム
  • 付属のOFCケーブル:ミニジャック1.5 m; 3.5mジャック
  • 価格 : 800ユーロ

ON-magやその他のWebで興味を持つかもしれない他の記事


Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です