[Eco de la semaine] 任天堂はスイッチの販売を続け、スクウェア・エニックスは株式の売却を望んでおり、ユービーアイソフトは買収される可能性がある

任天堂は、ボトルネックに見舞われているものの、第1四半期は減少しています

新しい会計年度(4月1日から6月30日まで)が始まると、四半期ごとの結果が発表され、任天堂はSwitchの売上の最初の顕著な減少を明らかにした生産チェーンにおける半導体の不足。 全体として、Switch は発売以来 1 億 1,100 万台以上を販売しており、PS4 とその 1 億 1,700 万台のコンソール販売に次ぐ、世界で 5 番目に売れているコンソールとなっています。

ゲーム側では、今四半期に発売され、484 万台を販売した Nintendo Switch Sports の好調な業績に注目してください。 同様に『マリオストライカーズ バトルリーグ』が191万本、前四半期に発売した『星のカービィと忘れられた世界』が188万本、この場合合計453万本に相当する。 ただし、任天堂は今四半期も約 8.6% の売上減少を報告しています。

収益面では、任天堂の売上高は 22 億 7,500 万ユーロで、前年比で 4.7% の大幅な減少となりました。 しかし、純利益面では、任天堂は8億6000万ユーロを宣言し、前年比で28.3%増加しました。これは、為替レートのおかげで任天堂に有利な円安によっても説明されます.

この精彩を欠いた第 1 四半期の後、京都に本拠を置く同社は目標を下方修正せず、代わりにゼノブレイド クロニクル 3、ベヨネッタ 3、スプラトゥーン 3、さらには第 9 世代のポケモンなどのリリースで売り上げを伸ばすことを期待しています。

スクウェア・エニックス: アメリカのスタジオをエンブレイサーに売却した後、日本のパブリッシャーは自社のスタジオの株式を売却したいと考えています

数か月前、スクウェア・エニックスは、アメリカのスタジオをエンブレイサー グループに売却すると発表しました。 Crystal Dynamics、Eidos、および日本の大手企業のさまざまな子会社は、10 年間の業績不振を経て、スウェーデンのグループの新たな依存関係になります。 同時に、エンブレイサーは、トゥームレイダー、デウスエクス、レガシー オブ ケインなどの権威あるライセンスの権利を取得しました…

この売却による利益は、グループが NFT、AI、暗号通貨、クラウドなどのさまざまなセクターに投資するために使用する必要があります。 それだけでは十分ではないようで、グループは現在、残りのスタジオの株式を売却しようとしていますが、残りのスタジオの支配権を維持し、Square に大きな利益をもたらし続けています.

したがって、Square が表明した目標は、「資本の効率を改善すること」です。 しかし、販売を抑制したいというこの欲求の裏には、Square も買収を検討しており、当初の投資目標から離れて他のスタジオを買収しようとしているようです…

株主との電話会議に出席したアナリストのゲイブ・ギブソン氏によると、アメリカのスタジオの売却は、より多くの利益を生み出すために構造を多様化することで「資本効率を改善する」ことを目的としたスクエアの計画の最初の部分にすぎなかった. . したがって、彼の野心の手段を自分自身に与えます。

一部のスタジオはグループが 100% 所有し続けていますが、他のスタジオは将来、「選択的」でなくなり、後者の拡張を「制限」しないように変更する必要があります。 これらのスタジオの一部が公開されれば、Sony、Tencent、Nexon、さらには NetEase などのパブリッシャーが関心を持つことは明らかであり、そのうちのいくつかは特定のスタジオの所有権をめぐって武力闘争を繰り広げ、Square が損失を被る可能性があります。

スクウェア・エニックスにとって、当初の目標はすぐに一掃される可能性があり、特にスタジオには、自身の資本を危険にさらすことなく、目的のスタジオに投資または購入するためのリソースがあるため、コントロールを失う可能性が高い. それは確かにグループにとって歴史的な決定ですが、すべてが糸でぶら下がっているように見えるため、理解するのも困難です… 非常に多くの危険と不確実性に直面しているため、ゲームがろうそくの価値があるかどうかはわかりません.

Tencent は現在、フランスの巨大企業 Ubisoft に関心を持っており、グループの過半数株主になることで、同社を帝国に統合しようとしている

数か月前、Ubisoft は、フランスのパブリッシャーに提出された買収提案を検討する傾向があると述べました。 失速した市場に直面して、プロモーションの価値を人為的に膨らませる方法…これまで. 実際、フランスの出版社の独立性は今、本当に脅かされています。 Guillemot 氏族のひどい反発。

実際、Guillemot ファミリーは現在、同社の株式の 15% 近くを所有しており、大株主となっています。 現在、この中国企業は、2007 年に Ubisoft と Vivendi の対決中に買収された会社の 5% を所有しています。

この訴訟の一環として、Tencent はまた、現在の価格の 2 倍以上である 1 株あたり 100 ユーロ (執筆時点では 1 株あたり 45 ユーロ) で買収提案を行っていたはずです。 このように、深センの巨人が市場で2位を固め、現在の市場リーダーであり、最近の多数の買収の著者であるソニーに近づくことを可能にするオファー.

Ubisoft がこの発表にどのように反応するかはまだ分からない.フランス政府も同様に、政府が間接的なソフトパワーのベクトルとして使用しているビデオゲーム大手の株式を所有している.

さらに、Tencent は Ubisoft の筆頭株主の前に帝国を拡大したいと考えています

今週のショート:

– 日本では、Xenoblade Chronicles 3 がリリースの週に論理的に離陸し、112,728 部が販売されました。 ゼノブレイド 3 は、日本でシリーズ全体の中で最高の販売台数を達成し、ほぼ 113,000 台を販売し、ゼノブレイド 2 のこれまでの記録である 98,000 台を更新しました。 続いて、ポケモンのようなデジモン サバイブ (28,536 販売)、Nintendo Switch Sports (24,966 販売)、モンスター ハンター ライズ + サンブレイク セット バンドル (17,209 販売)、Live A Live (14,098 販売) が続きます。 ハードウェア面では、Switch OLED が 42,355 で首位に立ち、PS5 は 36,237 のコンソールが販売されて 2 位になり、20,489 ユニットが販売された従来の Switch を大きく上回りました。

– スイス側では、Xenoblade Chronicles 3 もリリースの週に優勝しましたが、Mario Kart 8 Deluxe は表彰台の最後のステップで Gran Turismo 7 に先んじて、まだ意欲的です。 一方、Nintendo Switch Sports は 4 位、FIFA 22 は 5 位のままです。

– Electronic Arts は、2022 年から 2023 年度の第 1 四半期の売上に関する最新情報も提供しました。 パブリッシャーが四半期中にゲーム販売の大幅な減速を示したとしても、それでも 17 億 3000 万ユーロ (+ 13.9%) の売上高と 3 億 500 万ユーロの純利益を達成することができます。 アンドリュー・ウィルソンは、NBC、ディズニー、メタなどとの合併の噂についても話し、特にエレクトロニック・アーツが買収後にアクティビジョンになったので、同社は完全に独立したままであり、そうするための十分なリソースを持っていると述べた.ビデオ ゲームの最大の独立系パブリッシャー (つまり、これを主な活動とするメーカーではない)。

– Microsoft の買収が迫り、申請のピークに達した可能性があるため、Activision-Blizzard-King の第 1 四半期の収益は急落しています。 これは、組織内の性差別が明らかになったカリフォルニア州政府による調査によって、1 年間にわたってイメージがひどく傷付けられてきた会社の内部状況の論理的な続きです。 したがって、四半期の売上高は 16 億ユーロ (-27%) で、純利益は 2 億 7,290 万ユーロ (-68%) です。 同時に、従業員の 25% の増加と 2 つの買収 (Blizzard による Proletariat と King による Peltarion) も考慮する必要があります。 グループ内では、King (Candy Crush) が現在後者のエンジンであり、その作品のアクティブ ユーザーは 2 億 4000 万人を超えています。つまり、3 社を合わせた合計の 60% 以上です。

– バンダイナムコに関しては、日本のパブリッシャーは、特にエルデンリングの成功に後押しされて、新たな四半期の成長を続けています。 15 億ユーロ (+15.4%) の売上高と 3 億 2500 万ユーロ (+64.1%) のビデオ ゲーム (パブリッシャーの第 2 の活動領域) の営業利益を持つバンダイナムコは、年間 1140 万のゲームを販売しています。好調な四半期であったため、パブリッシャーは売上目標を会計年度中に 4,350 万ゲームに引き上げることになりました。 グループのすべての事業を考慮に入れると、バンダイは四半期に 31 億ユーロ (+6.9%) の売上高と 5 億 2,800 万ユーロ (+56.7%) の営業利益を達成しました。 バンダイの信号はすべて青です。

――セガ側は全然違いますね。 出版社は Sonic Frontiers のリリースに大きな期待を寄せていますが、現在は対照的な四半期であり、全体の売上高は 11.2% (4 億 8,700 万ユーロ) 伸びており、予想をわずかに下回っています。 しかし、セガサミー グループは予測を修正し、通年で 17.2% の成長を予測しており、28 億 1000 万ドルの売上高を生み出しています (今四半期前の 24 億 1000 万ドルから増加)。

– コナミ側では、四半期の収益は 2% 増加し、5 億 2,550 万ユーロのデータが記録されました。 ただし、純利益は 8,330 万ユーロの利益となり、-16.7% 減少しました。

– コッホメディアはもういらない! 今日から私たちはPLAIONを考慮しなければなりません、出版社の新しい名前は遊びへの甘い招待のように聞こえます.しかし、その活動に関しては、出版社は以前の活動から何も変更せず、Saintsの出版社のままです.シリーズ、デッドアイランド…

– FIFA 23 のリリースが近づく中、Electronic Arts は FIFA 後の未来に向けて準備を続けており、EA Sports FC への移行を成功させるための準備を進めています。 特に今週、アメリカのパブリッシャーは、EA が最初の 2 つのリーグ、Promise ユース部門と eLaLiga のすべてのクラブのライセンスを所有できるようにする LaLiga との契約に署名しました。 イタリアでは、EA はセリエ A のユベントスからもライセンスを取得しましたが、ユベントスは数年前にライバルの PES と契約を結びました。

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。