EUと英国はエネルギー憲章条約の下で化石燃料の段階的廃止を確保

新しい化石燃料プロジェクトへの投資は、1994年のエネルギー憲章条約(TCE)を改革するための金曜日(6月24日)の合意に基づくEUおよび英国の領土での法的保護をもはや享受しません。

環境保護団体は、気候に悪影響を与える化石燃料への投資に法的保護を提供することにより、パリ協定の目標に違反しているとしてECTを批判しています。

これは、ECTを発行した欧州委員会によって承認されています。 「時代遅れ」 そして、27のEU加盟国に代わって4年前に条約改革の交渉を開始しました。

2019年、加盟国は 「EUが規制する権利」 ECT改革交渉の一環として、ブロックの気候とグリーンエネルギーの目標を反映するための近代化された契約を求めました。

これらの目的は、6月24日金曜日に発表された合意で部分的に達成されました。

「免税は、エネルギー憲章に基づくEU内の化石燃料投資に対する保護があってはならないことを意味します。」 関係者は木曜日の取引に関する記者会見で言った。

ソーシャルメディアにECTの高官が投稿した合意の要約によると、新しい化石燃料への投資に対する法的保護は、「限定的な例外」を除いて「2023年8月15日以降」に失効します。

既存の投資については、法的保護は「関連規定の発効から10年後に」失効します。

これらの規定は、EUイニシアチブに参加した英国によってもサポートされていました。

イタリアを除くEU27カ国を含むECTへの54の署名者は、11月に予定されている締約国会議で近代化条約を正式に採択する予定です。

近代化された条約が採択されるためには全会一致が必要です。 署名者の少なくとも4分の3が批准した後、発効します。これには数年かかる場合があります。

既存の投資の10年間の移行

環境保護論者は、既存の投資の10年間の移行期間を悲惨なものとして非難しました 「反逆罪」 気候変動の影響で最も苦しむことが予想される将来の世代に。

「言い換えれば、それは気候中立性というEUの目標の終わりです。」条約から撤退するために現在ヨーロッパのためにキャンペーンをしている元ECT労働者のヤミナ・サヘブは言った。

他の人々は、ECTの全会一致規則がEUの野心を制限していると言って、より積極的でした。

「ECTの変更は面倒なプロセスであるため、EUにとっては非常に良い取引です。」東フィンランド大学のエネルギー法と政策の教授であるアンドレイ・ベリイは言った。

「EUグリーンディールと英国のエネルギー移行プログラムが成功した場合、化石燃料の保護は2030年までに廃止されます。」彼は電子メールを介してコメントでEURACTIVに語った。 「業界はこれを知っており、適応するのに10年の猶予があります。 »»

その間、彼は、作業協定は、すでにEU内のビジネスの60%以上を占めている再生可能エネルギーへの投資を保護する可能性があると付け加えました。

条約の対象となる投資のリストに新しい再生可能エネルギー源も追加された、とBelyiは指摘し、この取引によりバイオマス、バイオガス、水素、および水素、アンモニア、その他の合成燃料などのその派生物がリストに追加されることに留意した。保護された投資。

しかし、活動家たちは熱心ではありませんでした。 「EUが化石燃料への投資を少なくともあと10年間、そして新しいガスインフラのために2040年まで保護することを妨げるので、この取引は惨事です。」フレンズ・オブ・ザ・アースの商業キャンペーンのディレクター、ポール・デ・クラークは言った。

以前のEUの提案に基づいて、キャンペーン参加者は、保護は2040年までに一定量未満のCO2を排出する低炭素水素、パイプライン、およびガスプラントに適用されると述べました。

「水素とバイオマスの保護を拡張し、それによってプロセスのリスクを高めます」妥協案がEUの当初の任務に沿ったものとはほど遠いことを考慮して、deClerck氏に下線を引いた。

「さらに悪いことに、ヨーロッパと国の議会はそのような重要な合意に投票することさえできません。 プロセス全体は非常に非民主的で受け入れがたいものであり、加盟国にECTからの撤退を呼びかけます。」彼が追加した。

退却

Saheb氏やdeClerck氏などの活動家は、欧州連合(EU)とその加盟国に対し、54の署名者の全員一致が必要であるため、条約の野心的な改革は不可能であると述べ、ECTから撤退するよう呼びかけました。

EU諸国もまた、フランス、ドイツ、オランダ、ポーランド、スペインが欧州委員会に調整された撤退を開始する方法を模索するよう求めており、長年にわたってますます焦りを示しています。

欧州はエネルギー憲章条約からの撤退を検討している

ますます多くのEU加盟国が、エネルギー憲章条約の継続的な改革に焦りを示しています。批評家は、化石燃料を段階的に廃止する国際的な取り組みを妨げていると述べています。

しかし、欧州委員会を含む改革の支持者は、 「サンセット条項」 既存の条約では、州が条約から撤退した後でも、エネルギー部門への投資は20年間保護され続けると規定されています。

したがって、近代化された契約で規定されている10年の有効期限は、EUの終了後もこれに関係なく適用され続ける、既存の契約の20年の廃止条項と比較してそれほど悪ではありません。

「撤退のサンセット条項の下にあるよりも早くこれらの保障措置から解放されるので、私たちはこの取引によりよく対処しています。」関係者は説明した。

活動家たちは、EUからの集団的離脱が条約を事実上無効にするだろうと言って、主張を否定しました。

「条約を実現するのはEU諸国であり、他の国ではありません。 したがって、この合意はそれほど悪いことではありません。 20年のサンセット条項と比較して、サヘブ氏は、EUの決定を 「反逆罪」。

環境シンクタンクE3Gは、妥協点に達したからといって、TCEが2030年までにEUの炭素排出量を半減させ、2050年までにゼロにすることを目的としたパリ協定や欧州グリーン条約に一致しないと述べた。

「ECTからの調整された離脱は、投資家に、この妥協を受け入れるよりも、エネルギー転換を加速するというEUのコミットメントについてより確実なものにするでしょう。 投資家はグリーンディールをサポートするための明確なシグナルを必要としています。この妥協案は、化石燃料投資家の要望に気候政策を人質にし続けているため、これらのシグナルを曖昧にします。」E3Gは言った。

SahebやdeClerckのような活動家は、EUとその加盟国に対し、54の署名者の全員一致が必要であるため、条約の野心的な改革は不可能であると述べ、ECTから撤退するよう呼びかけました。

EU諸国もまた、フランス、ドイツ、オランダ、ポーランド、スペインが欧州委員会に調整された撤退を開始する方法を模索するよう求めており、長年にわたってますます焦りを示しています。

ISDS条項

アゼルバイジャン、カザフスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンなどの石油が豊富な国々は、条約の近代化に最も積極的ではありませんでした。 発電を石炭に大きく依存している日本も、改革の大きな障害となっています。

近代化された条約の文言の下で、これらの国々は自国の領土で化石燃料に法的保護を提供し続けることができると当局者は述べた。

「ほとんどの新規投資はグリーンエネルギーに関連しています」ある関係者は言った。 「これらの投資は、グリーンエネルギー移行への新規投資にとって非常に重要なエネルギー憲章によって引き続き保護されます。」彼が説明しました。

当局はまた、紛争解決メカニズムの改善を指摘しました。これにより、民間企業は、投資がキャンセルされた場合、または規制当局が期待利益を大幅に削減した場合に、ECT加盟国を訴えることができます。

近代化された契約によると、紛争の文脈で契約当事者によって提出された手続き文書 “公衆”「公聴会は一般に公開される可能性があります」契約の主な要素を説明する要約文書を意味します。

EUは、EC条約に基づく現在の投資家対国家紛争解決メカニズム(ISDS)の抜本的な改革を試みました。これは、紛争を解決するための契約当事者による民間仲裁人の任命を規定しています。

EUは、ISDSシステムを、国連国際商取引法委員会(UNCITRAL)の支援の下に設立された新しい多国間投資法廷に置き換えることを目指しています。 しかし、国連レベルでの進展は遅く、新しい国連システムが採用された場合にISDS条項に取って代わることを保証するための規定が挿入されました。

「もちろん、私たちは通常私たちが持っている包括的な紛争解決メカニズムを提供しました [accords commerciaux] 二国間ですが、54カ国あるので少し難しいです」役員は説明した。

「したがって、私たちはECTにすでに存在するもの、つまり持続可能な開発に特に適応し、一種の簡素化された組織を持つ仲裁メカニズムを使用することができました。」 当事者がフォローするために「仲裁人」によって作成された公開レポートを含みます。

「公開レポートがあるので、ある程度の重みがあります」‘と役員は言った。
「」とても満足しています。」

TCEの完全な要約をダウンロードする ここ。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。