FIFAワールドカップカタール大会でアジア人初の女性審判を務めた日本の山下好美さん

日本人サッカー界のパイオニア

2022 FIFA ワールドカップが 11 月 20 日にカタールで開幕しました。 この秋のイベントのスケジュールは異例だが、公式の役職に 6 人の女性が選ばれたこと (試合を監督するレフリー 3 人とアシスタントレフリー 3 人) は、さらに騒がしかった。 日本の山下義美は、このワールドカップで正式に公式に承認された 3 人の女性の 1 人になります。

東京生まれの 36 歳の山下さんは、10 代の頃にサッカーをしていた後、学芸大学の同級生でベテラン審判員だった坊園誠の勧めでプロに転向しました。 女子国際サッカー選手権大会、全国高校選手権大会を含む全男子大会で主審を務める。 2021年にはJリーグ(日本リーグ)初の女性審判に抜擢され、2022年9月には1部の試合を監督した。時間 部門(J1)。

男子サッカーには多くの女性審判員が参入しています。 ワールドカップの前でさえ、ヨーロッパのさまざまなリーグで試合を監督するために、ますます多くの女性が公式の地位に任命されました. 2020年11月、カタールで山下に加わるフランスのステファニー・フラパールは、ユベントスとディナモ・キエフの試合を審判しながら、UEFAチャンピオンズリーグで公式の地位を保持した最初の女性になりました.

これは、男子サッカーの漸進的な発展を示しています。 長い間、女性は男性のプロの競技に必要な高いレベルのスピードと持久力にアクセスする身体的能力を持っておらず、選手の要求を満たすことができないという意見が支配的でした.

今日、女性の審判は、これらの性差別的な見解のばかげたことの明確な証拠を提供しています. 元陸上競技選手の下でトレーニングを行っている山下は、仕事の肉体的要求以上のものであることを示してきました。 彼女はまた、選手に対処する際に冷静さと柔軟性を示すことで、ゲームをコントロールし続ける能力を証明しました. 明らかに、女性は男性の競技会を審判できないという考えを脇に置く時が来ました.

ワールドカップの主審に山下が選ばれたことが多くのメディアで取り上げられ、日本のスポーツ界に大きな影響を与えたとすれば、それはまさに、女性に関する特定の誤解に根本的に疑問を呈しているからです. そして、彼女の例は、審判が男性に限定されている他のスポーツで活躍している女性を勇気づけました。


山下は、2021 年 7 月 21 日に味の素スタジアムで行われる 2020 年夏季オリンピックの米国対スウェーデンの試合の主審を務めます。 (経堂)

その他のプロスポーツの審判員

サッカーは、男子の試合で女性が主審を務めることが当たり前になりつつあるスポーツの1つに過ぎません。

日本で最も人気のあるプロスポーツの 1 つである野球は、男性だけが試合を審判できるという考えに長い間固執しており、女性の審判員がプロとしての職務を遂行することを妨げてきた根深い偏見です。 しかし、物事はゆっくりと変化しています。

2002年、高見聡子が関西六大学野球リーグ初の女性球審に就任。 その後、女性審判員の数が減ったが、2018年には佐藤可奈が阪神ベースボールリーグ1部大会(阪神高校野球リーグ)の本塁打席審判に就任し、再び女性の責任が問われるようになった。 .

2002年3月24日、兵庫県神戸市のグリーンスタジアム(現・ほっともっとフィールド神戸)で行われた関西六大学野球リーグ戦で本塁打を決める高見聡子。  (経堂)
2002年3月24日、兵庫県神戸市のグリーンスタジアム(現・ほっともっとフィールド神戸)で行われた関西六大学野球リーグ戦で本塁打を決める高見聡子。 (経堂)

ラグビーは、長い間審判が男性に支配されてきた別のスポーツであり、女性を公式の地位に迎えることにおいて、サッカーや野球よりもわずかに有利です.

2016年、高橋真由美は、日本ラグビーフットボール協会の新しいライセンス制度の下でクラスAレフリーに選ばれた2人の女性のうちの1人でした. その後、2017年にはプロラグビーの最高峰に位置するトップリーグ(プレミアリーグ)で女性初の公式レフェリーとなり、東芝対NTT戦で副審を務めた。

高橋選手は、2019年の全国学校ラグビー選手権大会の試合で審判のキャリアを続けました. 2021年、同年の中等部リーグ開幕戦の審判を務めた上村恵理がピッチに加わった。

オリンピックの審判

男性のレフリーは長い間アマチュア スポーツを支配してきましたが、それもゆっくりと変化しています。 例えば、日本発祥の格闘技のひとつである柔道では、スポーツにおける男女平等を推進する取り組みと、女性審判員の機会を増やす取り組みが増加しています。 2017年、全日本柔道選手権大会で初めて女性審判員3名が起用された。

国際大会でも同様の傾向が見られます。 に 東京オリンピック 昨年、柔道の審判員16人中5人が女性でした。 審判に選ばれたのは男女問わず、天野明子だけだった。 彼女がオリンピックで審判を務めるのは、2008 年の北京大会に続いて 2 度目であり、24 人の審判団の一員となった 2 人の女性のうちの 1 人でした。 天野氏が国際舞台に参入してから数年で、女性審判員の割合が劇的に増加しました。これは、女性の地位を向上させる動きが高まっていることを明確に反映しています。

天野氏は東京オリンピックで、開幕戦や男子オール級決勝など37試合の柔道の審判を務めた。 彼女が最初の会議と最後の会議を任されたという事実は、柔道役員の世界で女性が成し遂げたブレークスルーの証です.

2021 年 7 月 30 日に東京の武道館で開催された 2020 年夏季オリンピックの柔道競技で、天野明子は審判として働いています。 七段であると同時に、花火メーカー鍵屋の十五代目取締役でもある。  (ジジ)
2021 年 7 月 30 日に東京の武道館で開催された 2020 年夏季オリンピックの柔道競技で、天野明子は審判として働いています。 七段であると同時に、花火メーカー鍵屋の十五代目取締役でもある。 (ジジ)

レスリングは、オリンピックで長い伝統を持つ種目です。 日本の女性は女子の大会で優れた成績を収めていますが、全日本選手権で試合を監督する資格がある女性の審判は、男性の 209 人に対して 8 人しかいません。 同様に、レスリングの国際大会のレフリーに参加する女性はまだ一握りですが、女性レフリーの数が増えるにつれて、これは変化すると予想されます.

レスリングは、人気の低下によりオリンピックから除外されると噂されていますが、国際オリンピック委員会との評判を改善したいと考えている国際運営組織であるユナイテッド・ワールド・レスリングは、男女平等を促進することで回避しようとしています.

女性にも門戸が開かれている

サッカー界ではかつて、女性はレフリーの能力やスタミナが不足しているためにレフェリーの才能に劣るという支配的な感情がありましたが、パイオニアたちの努力とその必要性に対する意識の高まりのおかげで、急速に消えつつあります。男女平等のために。 ドアが開き、大きく大きくなります。

カタールで開催されるFIFAワールドカップを機に、世界中のサッカーの国内・国際大会で女性が活躍する機会が増えることが期待されており、この流れは男性が主体の他のスポーツにも波及していくものと思われます。 ワールドカップの公式の役割を担っている 6 人の女性がどのゲームを監督するかはまだ明らかではありませんが、世界は彼女たちがピッチで才能を発揮するのを見守るでしょう。

(表紙写真:2022年9月18日、山下好美がJリーグ初の女性審判としてデビュー。時事)

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です