Groupe Gorge:オステンドの海上ドローン用の新しい組立工場の発足-2022年6月13日09:40

(AOF)– ECAグループは、6月10日金曜日にベルギーのオステンドに新しい工場を開設しました。 「このステップにより、グループは、スケジュールと予算内で、ベルギーとオランダの海軍との水中鉱山狩猟の旗艦プログラムで新しいマイルストーンに成功しました」とハイテク産業グループは説明します。

この最先端の施設は、ECAグループの海上ドローンの製造とサポートに専念します。 ベルギー海軍とオランダ海軍によって注文された何百ものドローンがこの施設で組み立てられ、運用状態に維持されています。 ドローンの生産は2022年9月に開始され、ドローンを備えた最初の完全なツールボックスが2024年にベルギー海軍に納入されます。

この野心的で革新的なプログラムのために、今後数年間で合計12の完全なロボットシステムが提供され、契約期間全体でグループの売上高は5億ユーロを超えます。

同時に、この場所はECAグループの他の契約や潜在的な顧客にもサービスを提供します。 オステンドにあるECAグループの工場は海に直接アクセスでき、そこでドローンがテストされ、顧客は通常の操作条件下でドローンの開発を直接観察できます。

AOF-詳細

下げられたターゲット

ボトルネックが原因で、メーカーの組立ラインを停止しなければならない場合があります。これは、ジャストインタイムフローを供給する機器メーカーの活動に影響を及ぼします。 また、原材料やエネルギーの価格が高騰し、マージンが悪化しています。 その結果、Plastic OmniumやForvia(旧Faurecia)を含むいくつかのデバイスメーカーは、2021年の見通しを引き下げました。

日本の強い野心

日本政府は、2020年に比べて2030年の売上高を3倍にすることを目指して、電子チップ産業の活性化を図っています。 その場合、日本のセクターは、急速に成長する世界市場で1,003億ユーロに相当します。 SIA(半導体産業協会)は​​、昨年、日本が世界の生産量のわずか10%を占め、米国(47%)と韓国(19%)に次ぐと推定しています。 しかし、1980年代後半までに、この国は生産の51%で世界のチップ市場を支配しました。台湾のTSMCは、日本に70億ドルの工場を設立するためにソニーと提携することをすでに決定しています。 この半分は公的助成金によって賄われることになっています。

電化製品メーカーの成長ニッチ

ルグランとシュナイダーエレクトリックは、環境問題に関連する機会を利用しました。 ルグランはイノベーションと外部成長に焦点を当ててきました。 最近、オランダとフィンランドの2つの買収が発表されました。 これら2つの活動により、同社は電気自動車の充電ソリューションを拡大し、グリーンモビリティの重要性の高まりと気候変動との戦いのおかげで、有望な分野での地位を強化することができます。 シュナイダーエレクトリックに関しては、接続されたデバイス、サービス、および電気効率に焦点を当てたその位置付けが、そのパフォーマンスをサポートしています。 彼女はこの道を歩み続け、彼女のすべての市場が今後3年間で加速すると確信しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です