H2Lはメタバースの肉体的苦痛を再現したい

H2Lのテクノロジーにより、メタバースユーザーは仮想世界で苦痛を感じることができます。

それが日本のテクノロジーベンチャーであるH2Lが望んでいることです の人々の肉体的な痛みを感じる メタバース。 この会社は、人間の筋肉の屈曲を検出するためのブレスレットを備えた製品を開発しました。

したがって、メタバース内のユーザーのアバターはこれを行うことができます 体の動きをコピーします。 人々は実際に物体の存在と重さを感じるでしょう。 テクノロジーは 電気刺激 腕の筋肉を操作し、感覚を模倣します。

「痛みの感覚は私たちを可能にします メタバースの世界を現実の世界に変える存在感と没入感が増しました」と、東京を拠点とする同社のCEO兼共同創設者である玉城絵美は述べています。

玉城 触覚に関連する触覚技術の研究者です。 彼らの目的は、「あらゆる種類の空間的、物理的、時間的制約から人々を解放する」ことです。 2029年までに、彼女はネットワークと電子機器の進歩を期待しています H2L製品 数え切れないほどのアプリケーションがあります。

H2L、ゲームに使用できるテクノロジー

H2Lは、現実世界とメタバースの間の曖昧な境界線を利用している日本企業と投資家の成長しているセグメントに属しています。 H2Lが上昇したと推定されます 10億円 (840万ドル)約50億円の価値があります。 さらに、今後5年以内にIPOを検討する予定です。

玉城が始まった 触覚で働く 青年期の先天性心疾患に関連する臨死体験の後。 彼女は、入院中に物理的な経験をコンピューターに接続するテクノロジーを作成するというアイデアを思いつきました。

彼女は東京大学で工学の博士号を取得した後、H2Lを共同設立しました。 玉城はそれが可能だと言った ゲームにテクノロジーを使用する。 彼女は、人々がそれを使って実生活で仮想世界の出来事を感じることもできると考えています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。