ICBMの発射 – G7外相による声明 (20.11.22)

(英語からの翻訳)

朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)による大陸間弾道ミサイルの発射

2022 年 11 月 20 日

私たち、ドイツ、カナダ、米国、フランス、イタリア、日本、英国の外相、および欧州連合上級代表は、2022 年 11 月 18 日の北朝鮮による新たな無責任な ICBM の発射を強く非難します。 北朝鮮による国連安全保障理事会(UNSC)決議の新たな重大な違反。 この無責任な行為は、進行中の核活動の証拠とともに、核兵器とミサイル能力を開発し、多様化するという北朝鮮の決意を強調しています。 平和と安定を求める国際社会の呼びかけにもかかわらず、彼は地域を不安定にし続けています。

北朝鮮による2022年の前例のない一連の弾道ミサイルの不法発射は、無責任に日本上空を飛行した中距離弾道ミサイルの発射と同様に、多数の大陸間弾道ミサイルを含み、地域および国際の平和と安全に重大な脅威をもたらし、国際的な不拡散体制を弱体化させます。 これらのショットは、この地域の国際民間航空および海運に予測不可能な危険とリスクをもたらします。

我々は、北朝鮮に対し、核兵器、既存の核関連計画、その他すべての大量破壊兵器、弾道ミサイル関連計画を完全に、検証可能かつ不可逆的に放棄し、すべての関連活動を直ちに停止することを再度求める。 DPRK は、核兵器の不拡散に関する条約 (NPT) に基づく核兵器保有国の地位、またはその点に関するその他の特定の地位を持つことはできません。 我々は、北朝鮮に対し、核拡散防止条約(NPT)、国際原子力機関(IAEA)の保障措置、及び関連する国連安保理決議に起因するすべての法的義務の完全な遵守に直ちに復帰し、完全に遵守することを求める。 .

北朝鮮の行動には、国連安全保障理事会によるさらなる重要な行動の必要性を含め、国際社会からの首尾一貫した断固たる対応が必要です。 我々は、すべての国に対し、北朝鮮に対する国連安全保障理事会のすべての措置と制裁を完全かつ効果的に実施し、大量破壊兵器の拡散という北朝鮮の脅威に緊急かつ優先的に対処するよう求める。

G7 は、日本及び韓国との完全な連帯を表明し、北朝鮮に対し、その不安定化措置を終了するよう要請する。 我々は、北朝鮮に対し、非核化に関する真の対話を再開し、米国、日本、韓国が繰り返し行ってきた対話の提案を受け入れるよう要請する。 北朝鮮は、国民のニーズを満たすことから、違法な大量破壊兵器や弾道ミサイル計画の追求に資源を転用することで、国内のすでに悲惨な人道状況を悪化させています。 私たちは、朝鮮半島の平和と安全の目標を達成し、法の支配に基づく国際秩序を維持するために、すべての関係パートナーと協力することを決意しています。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です