Japan Expo 2022:展示会、工芸品、日本のスポーツ、福祉…(イベント)

数ヶ月前、2年ぶりにJapan Expoが開催され、7月14日から17日までパリで開催されることを発表しました。

ここにあなたがそこに待っているものの簡単な概要があります、そしてあなたがすぐに言うことができる限り、アニメーションとイベントは主な目新しさを逃さずにたくさんあります。

日本の文化がアニメーション作品、マンガ、ビデオゲームを通じて世界中で輝いているとすれば、その伝統を私たちの日常生活に定着させることによっても魅力的です。 Japan Expoは、日本から来た79人の職人が芸術とノウハウを共有するために捧げられた、2000平方メートルを超える素晴らしいわびさびスペースで、この伝統的な日本文化の豊かさを祝います。

2022年に4か所

と呼ばれる わびさび最初の部屋は、工芸品の屋台を集め、日本の美学の2つの基本的な概念である、シンプルさ(わび)と時間の緑青(さび)の優雅さを祝います。

シーン さくら 週末を通して約5​​0のショーを見つけることができます。伝統音楽、振り付けされた武士の戦い、阿波通り-ダンサーやミュージシャンがリズムと正確な振り付けを楽しんでいる日本の特徴である「クレイジーダンス」。

場所 アートオブリビング ボードゲーム、茶道、伝統的な物語の朗読、その他多くの発見が集まるなど、訪問者を日常生活のリズムに浸します。 連盟「VuduJapon」、「Soleil Levant」、「Tengumi」、そしてフランスのオセロ連盟と。

発見して日本を旅する3つの主要な展示会:オービュッソンのタペストリーでの宮崎駿の想像力、日本と日本を一目で歩く。

スポーツ

スポーツは日本社会の中で特別な位置を占めています。 祝日「太陽の日」はスポーツ活動に捧げられています。 日本人全体がこの日をスポーツのリズムに合わせて生きています。 このため、JapanExpoは900平方メートルをスポーツ活動に捧げています。 フェスティバルに参加した多くの協会、機関、専門学校のおかげで、訪問者は日本のさまざまな重要なスポーツを見たり、学んだりすることができます。 今年は初めて相撲専用の空間が登場します。

ウェルネスエリア

フランスでは、特に若者の間で、まだ知られていない日本のウェルネス方法がたくさんあります。 市川敏は、これらの習慣を共有することを目的として、和風スパを提供しています。

パリの指圧とDo-Inの教師である市川敏は、2010年に彼自身の指圧学校を設立しました。 この職業は、思春期からの彼の情熱から生まれました。これは、ドイン、マコホ、タイソ、整体、ソタイホ、タンデンコキュウホ、ブトなどの日本発祥のエネルギーと幸福の実践、および他の技術に対するものです。アジア諸国(特に気功、太極拳、ヨガ)。

JapanExpoプログラム全体はここにあります このページで

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。