JapanExpoで初公開されたアニメ「ブルーロック」

リビング Japan Expo (7月14日から17日まで)数週間で来て、プログラムは絶えず洗練されています。 最近、アニメが ブルーキャッスル ゆずステージで7月17日午後4時30分にプレビュー放送の対象となりました。

10月に予定されているこのサッカーバトルのロイヤルアダプテーションは、8ビットスタジオで制作されています。 マンガは、ピカエディションに到着して以来、フランスで好調です。 の重要なタイトル 週刊少年マガジン から 講談社 2018年以来、シリーズは19巻で構成されています。 タイトルの後ろには、有名なデュオである脚本家がいます 金城宗幸 ((十億匹の犬ジャガーン呪われたハンターの阿久)ノ村優介のデザイナー ドリーを殺す(彼のツイッターアカウントを見る)。

まとめ
「ワールドカップ2018、日本のサッカーチームは16ラウンドで敗退しました…この新たな失敗により、日本サッカーユニオンは「ブルーロック」を設立しました。これは、世界の高校から300人の最高の攻撃者を集める革新的なトレーニングセンターです。学生。 国。 ブルーロックのトレーナー、ジンパチエゴの目標は明らかです:彼の才能と超個人主義ですべてのライバルを粉砕する唯一の攻撃者を発見することです! まだ知られていない陽気なイサギにとって、他に選択肢はありません…彼が待っている厳選されたプログラムを生き残りたいのなら、彼は集団ゲームを放棄し、究極のストライカーになるために自分自身を超越しなければなりません!」

ソース : Japan Expo

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です