La Française – 円のボラティリティに直面した日銀のジレンマ: インフレの低下を予想して超緩和的な政策を維持するか、国の経済発展を弱めるリスクを冒して政策を調整するか? – PATRIMOINE24 – 資産運用に関するすべての最新ニュース

予想通り、日本銀行 (BoJ) は 9 月 21 ~ 22 日の会合で超緩和的な金融政策スタンスを維持しましたが、インフレ率は 2% の目標を上回っており、他の主要中央銀行はより積極的なスタンスを示していました。 8 月のコア インフレ率 (食品を除く) は、エネルギーと農産物価格の上昇という外生的なパラメーターの影響を受けて 2.8% 上昇しました。 それは強い内需の結果ではありません。 年末にかけて価格の変動は圧力にさらされる可能性が高いが、コモディティに対する世界的な需要が鈍化するにつれて、今後数か月で緩和されるだろう. 日銀は、2023 年のインフレ率を 2% 未満に抑えると予測しています。


日銀の決定は、連邦準備制度理事会 (FRB) が 3 か月連続で 75 ベーシス ポイント (bps) の金利を 3.00% から 3.25% の範囲に引き上げた直後に行われました。 日銀は金利先物を変更せず、マイナス金利を 0.1% に据え置き、10 年物利回りを 0.25% に制限するために無制限の国債購入を続けました。 先週、中央銀行は 0.25% の上限を守るために約 2.9 兆円 (200 億ドル) を費やしました。

年初来、ドルは主要先進国通貨に対して 16% 上昇し、円は米ドルに対して約 26% 下落しました。 ドルは今月 145.82 円で 24 年ぶりの高値をつけた。

日本の通貨の下落は多面的です。 これは主に、日本銀行と世界の他のほぼすべての中央銀行との間の金融政策の非常に大きな相違によるものです。 経常収支も円安の要因だ。 7 月には 2,290 億円 (16 億ドル) に達し、輸入製品のコスト上昇により、前年の 1 兆 7,150 億円 (156 億ドル) の黒字から減少した。 最後に、ドルは、経済的および地政学的な不確実性の中で、すべての安全資産通貨に対して上昇しています。

したがって、急激な円安は日本当局の関心の的となっている。 財務省は外国為替市場への介入を決定し、 日本銀行が製造。 1991 年から 1992 年と 1997 年から 1998 年にかけて、財務省はドルに対して日本の通貨を守るために外国為替市場に数回介入しました。 政治家は、9月初旬から円のボラティリティについて警告を発してきました。 彼らは、国が円安を止めるために行動を起こす準備ができていると警告した。 日銀も外国為替市場を見直し、円を守るための差し迫った介入を予告していると見られている。 黒田東彦知事の記者会見が終わった直後の9月22日、政府は予想外に、投機筋に対して措置を講じたと発表した。 黒田氏のスピーチの最後に、日本の通貨は記者会見前のドルに対して 145.83 から 142.48 上昇しました。

それにもかかわらず、過去の介入は円に一時的な影響を与えていることを示しています。 1998 年 8 月、米国当局が日銀の円買いに加わった後も、日本の通貨は 1 ドル 148 ドル近くで取引されていました。 さらに、経済、金融、地政学的な不確実性の中で、ドルは外国為替市場を支配しています。 日銀の政策正常化と相まって円買い介入は、ドルに対する円安を食い止める可能性がある。 しかし、9 月 21 ~ 22 日の会合で、黒田総裁は、日銀が「2、3 年は方向転換する必要はない」と述べた。 したがって、彼の任期が満了する 2023 年 4 月までに、彼が日銀の金融政策に大きな変更を加える可能性はほとんどありません。 2023 年春の年次交渉による賃金上昇は、金融政策正常化の重要な要素となるでしょう。 日銀総裁は、2% のインフレ目標を維持するには賃金を上げ続ける必要があると考えています。 日銀はまず、2023 年前半にイールドカーブ コントロール (YCC) 政策を 10 年物から 5 年物に調整し、その後マイナス金利が終了して従来の金融政策に戻ると予想しています。

さらなる利上げを停止し、場合によっては引き締め政策を再考する FRB の動きは、円が安定するために不可欠ですが、現時点では時期尚早です。 米国の金利が上昇する限り、ドルは上昇し続けると考えています。 8月下旬のジャクソンホール以降、FRBのジェローム・パウエル議長は、FRBは「仕事が終わる」まで、つまりインフレ率が2%台に戻るまで金融政策の引き締めを続けると警告しました。 さらに、故安倍晋三首相や経済政策(「アベノミクス」)とは政治的優先順位が異なることを岸田首相が示すことは、重要な一歩となるだろう。 昨日の円買い介入は、最初の兆候かもしれません。

年末までに、FRB は非常に積極的なスタンスを維持し、日銀は超緩和的な金融政策を断固として維持するため、円はドルに対してさらに下落すると予想されます。 債務返済の高コスト (GDP の最大 250%) も、日銀の行動の余地を制限しています。 また、円安の維持は輸出を押し上げるなど経済にとってもプラスとなる。 長期的には(2023 年末)、FRB による積極的な金融政策の緩和と日銀の金融政策の正常化により、円は上昇すると考えています。

オードリー・ウィスマット著、 グローバル マクロ リサーチャー、ラ フランセーズ AM


サイトにアクセスするには、 ここをクリック。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です