Les Bleues がカナダを制し、Tournoi de France 決勝への出場権を獲得

「決勝だ、決勝だ…」 Cercle des Bleues は土曜日にメスで歓喜の渦を巻き起こし、カナダに圧勝した後 (3:0:25:22、25:15、25:23)、日曜日 (午後 7 時) に行われるトゥルノワ ド フランスの決勝戦への切符を獲得しました。 ) 日本を見下ろす同じ場所で。

日本人への復讐

フランスのチームは、日本 (3-0) とアルゼンチン (3-0) に対して 2 ゴールを許した後、顔を上げ、コロンビア (3-0) とベルギー (3-0) に対して 2 つの見事な勝利でトーナメントを開始しました。 したがって、彼女は日本人との再戦の資格があります。これは、国際連盟ランキングで 7 位 (フランスは 24 位) であり、このトーナメントでフランスに無敗である、世界最高のチームの 1 つに対する印象的な栄誉です。

しかし、それはまさに、この友好的なトーナメントを組織することによって連盟が達成したかったことです: オリンピックに出場したことがなく、1974年以来ワールドカップを見ていないレ・ブルーは、非常に優れたチームと対戦することでパリ大会に備えるためです.高いレベルで、珍しいプレースタイルで競います。 この 10 日間のすべての対戦相手は、フランスが出場権を獲得できなかったワールドカップ (9 月 23 日から 10 月 15 日までオランダとポーランドで開催) に向けて準備を進めています。

ヘレナ・カゾーテが負傷

コーチのエミール・ルソーは、数多くのテストを実施する機会を得ました。 キャプテンのヘレナ・カゾーテが負傷したことによるプレッシャーもあり、彼は土曜日に先発メンバーを変更した。 スタッフは怪我の種類を特定することを拒否しましたが、ブルースのボスは日曜日の決勝戦で失われ、指摘されたルシル・ジケルの後に再びサイズが不足しています.

彼女のチーム全体と同様に、非常に若いセッターのエミリー・レスポー (19 歳) は不定期でしたが、サービスは効率的で、第 2 セットでカナダのレセプションを著しく不安定にしました。

しかし、第 1 セットと第 3 セットは、トーナメントの最初の 4 試合を失った後、手ぶらで終了することを望まなかった北米に対して非常に接戦でした。 しかし、ビデオ チャレンジで確認された Amélie Rotar によるラインへの攻撃 (ゲームの彼女の 18 番目のポイント)、そしてマッチ ポイントでの有望な Leïa Ratahiry (10 日間で 20 歳) によるフィネスのある小さなボールがブルースをもたらしました。勝利 。

「日本は今大会で1セットも落としていないから、先に1セット取ればいい。 アシスタントコーチのフェリックス・アンドレを発表。 そして、セットを獲得した場合、2セットを取りませんか。 そして、2 つ取れば、3 つではありません… 私たちは、野心と大胆さをもってそれを行わなければなりません。 この試合は、このトゥルノワ ド フランスで私たちが望んでいたものです。 私たちはそれが私たち自身のワールドカップになると思っていました. »

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。