Lucu-Jalibertヒンジと2人の新人がいるブルース

Bordeaux-BèglesUnionは、ヒンジを日本の愛知県に輸出します。 スクラムハーフマキシムルクとフライハーフマチュージャリベールは、XVの最初のゲームで紹介されます。 フランスから始めます。 トゥールーズのアントワーヌ・デュポンやロマン・ヌタマックなど、最後のグランドスラムの勝者数名を休ませたファビアン・ガルティエのブルースのリストを考えると、当然の選択でした。

2人のプレーヤーが最初のXVでの最初の選択を祝います:レーシング92(および将来のロシェル)の3番目のラインYoan Tanga(25歳)とUBBThomasJolm​​èsの2番目のライン(26歳)。

オリヴォンの大きなカムバック

トゥーロンの3番目のラインであるシャルル・オリヴォンは、深刻な膝の怪我の2か月前に、2021年3月26日以来、スコットランドとの最初の試合でキャプテンのストライプでカムバックを期待しています。

10「スラマード」もこの最初のテストで始まります。 11月20日にトゥールーズでフランスが再会する前に、7月9日に東京で2回目が予定されています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。