Maghreb-Japan: 「サハラにおける東京の位置は変わっていない」 – Jeune Afrique

9月28日、モロッコの指導者は東京を訪れ、安倍晋三元首相の葬儀に国を代表して出席した。 アジズ・アカヌーチが岸田文雄と会談し、両国の経済パートナーシップの質についてお互いに祝福する機会であると同時に、日本・アフリカ首脳会議によって組織されたTICAD事件(アフリカ開発会議)を想起し、8月に戻ってくる機会チュニジアでの27日と28日、チュニジア大統領はポリサリオの指導者を受け入れることを決定し、ラバトの怒りを引き起こした. 岸田文夫は訪問者にはっきりと繰り返した。東京は方針を変えておらず、SADR非承認の原則に固執している。

しかし、それとは別に、別の疑問が生じます。 日本人の目には、北アフリカは依然として中東よりも優先度の低い地域です。 モロッコのシンクタンク、ポリシー・センター・フォー・ザ・ニューサウスの2019年のレポートによると、この地域の国々との経済交流は10年間減少している。 しかし、チュニジアとの関係は非常に緊密なままです。 一方、東京はアルジェリアやモロッコに関しては慎重で、 保つ 西サハラ問題に真剣に向き合ってください。若いアフリカ、 上須小夜子 政策研究大学院大学研究員 (ハンドル) 東京の、これらの関係の賭け金を解読します。

読んだ

アフリカ – 日本: チュニスでの TICAD は約束と顕著な欠席の間

Jeune Afrique: 日本は、マグレブをアフリカとアラブ世界における利益にとって戦略的な地域と考えていますか?

上須小夜子: 現在、日本外交の主要政策はFOIP戦略 [Indo-Pacifique libre et ouvert, vision détaillée dans un « Livre bleu » diplomatique, NDLR]ナイロビで開催されたTICAD 6でアフリカ諸国に提示 [2016]. しかし、マグレブ諸国を含むアフリカ諸国が FOIP でどのように位置付けられるかは疑問です。 日本政府はこの点を明確にする必要があります。

産油国は戦略的パートナーです。 2011 年以前は、リビアもその 1 つでした。 現時点では、マグレブが依然として日本の戦略的地域であるとは言い難いですが、私たちはその地政学を非常に興味深く追跡してきました。 チュニスでの TICAD の開催は、地域の政治経済状況を注意深く監視する機会でもありました。

日本政府はエネルギーパートナーを探しています。 特にアルジェリアとリビアでは、中国や最近ではロシアの影響力に対抗するための経済的または外交的な問題もあります。

チュニジアと日本は、数十年にわたって良好な関係を維持してきました。 アラブの春は両国の協力を強化することを可能にし、日本はその後の民主化プロセスを支援し、これらの価値を共有したいと考えています。

マグレブに関連する地域問題へのこの関心の高まりは、エネルギーと経済政策の考察によって説明できるでしょうか?

モロッコは、日本がアフリカ、特にルノーと日産のパートナーシップを結んでいる自動車部門に最も多く投資している 2 番目の国です。 モロッコには現在、10 年前の 3 倍にあたる 90 近くの日系企業がその領土に設立されています。 日本から見れば、日本は政情不安やテロの危険性が低い数少ない国の一つです。

読んだ

日本は国連でアフリカの常任理事国を要求する

2013年、アルジェリアのイン・アメナスのテロ攻撃後 [durant laquelle 800 personnes travaillant dans une raffinerie, dont 17 ressortissants japonais, ont été prises en otage. Dix d’entre elles ont finalement été tuées, NDLR] 日本政府はそれを求めた アルジェリア語 テロとの戦いへの支持を高めながら、事件を解決するために。 制度の不透明さから、なかなか手を出しにくい国であり、多くの日本人を悩ませてきました。 これらの緊張は現在沈静化しており、日本はそこに投資家を引き付けようとしていますが、モロッコに比べて不安定になるリスクが懸念されています。

エネルギー分野では、日本は他国との進展、特にフランスと設立されたアルジェリアのパートナーシップに注目しています。 それは彼にいくつかのアイデアを与えるかもしれません。

夏の終わりにモロッコと日本の間で行われた会談は、シェリフィア王国との和解の試みとして見ることができますか?

西サハラの問題について日本の立場は変わらず、西サハラを独立国家として認めていません。 今回の TICAD で、ポリサリオ代表団の招待を決定したのはチュニジア政府でした。

日本は西サハラ問題でモロッコを助けると言ったことは一度もありません。 このレベルでは、両国間に和解はありません。日本は、この問題を友好的な二国間関係から切り離したいだけです。

読んだ

アフリカは日本の国事

この地域に存在する他のどの勢力に対して、日本は自己主張しようとしていますか?また、その目的は何ですか?

政府は、この地域における中国の影響力の増大に過剰に反応したと思います。 1980 年代から 1990 年代にかけて、日本企業が占めていなかった市場を韓国人、そして中国人が乗っ取った。

しかし、中国製品は日本製品よりも裕福でない人々を対象としています。 彼らはある意味で互いに補完し合い、韓国人よりも中国人との競争が少ない. しかし、日本政府はアフリカで政治的影響力を強める中国を懸念している。

中国にばかり目を向けすぎて、日本外交はロシアの台頭を見逃してきた。 フランスはマリを去らなければならず、アフリカで日本の外交官を目覚めさせた。 同時に、日本とアフリカの人々は、TICAD 期間中、これらのデリケートな問題が国を分断するのを防ぐために細心の注意を払ってきました。 しかし、日本は大陸でのロシアの活動、特にグループの活動に大きな関心を持って注目しています。 ワーグナー。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です