MotoGP カレンダーにまもなくインド グランプリが登場

MotoGP が次のグランプリのために日本に旅行する間、ドルナ スポーツはブッダ サーキットでのレースについて話し合うためにインドに旅行しました。

2011 年から 2013 年にかけて F1 によって使用され、その唯一の勝者は将来の F1 引退者であるセバスチャン ベッテルでした。ブッダ サーキットは、別の世界選手権を開催する準備をしています。

Carmelo Ezpeleta は、当局とフェアストリート スポーツ イベントの潜在的なプロモーターに会うためにインドに立ち寄りました。 ツアーはニューデリー郊外のブッダ・インターナショナル・サーキットからスタート。 その後、代表団はウッタルプラデーシュ州ラクナウに向かい、ヨギ・アディヤナート首相と工業開発大臣ナンディ・ゴパル氏に挨拶しました。

インド、MotoGPの将来の目的地?

「インドは、MotoGPとオートバイ産業全般にとって特に大きな市場です。インドには巨大なファン層がいます。そこでグランプリを開催することは、素晴らしいショーを開催するだけでなく、それを発展させる機会を与えてくれます。世界のこの地域でのスポーツ: 数億台の二輪車が路上を走っているため、パートナーにとってもメーカーにとっても非常に重要なポイントです. この国をカレンダーに追加することでプロジェクトは成功しました. […] 私たちの願いは、出身地や経済状況に関係なく、誰もがこのスポーツに参加できるようにすることです。 オートバイは、世界中を移動する素晴らしい手段であり、社会を動かし、家族に移動手段を提供します。 したがって、インドでのレースはそのコミットメントの反映であり、このチャンピオンシップにとって重要な成果となるでしょう」とドルナ スポーツの CEO は述べています。

「今日はスポーツ産業と自動車産業にとって歴史的な日ですが、インドがモータースポーツの世界に参入したことを記念するアザダイ・カ・アムリット・マハ・ウツァフの祝賀会にふさわしい賛辞でもあります。インドは、両方の観点から、MotoGにとって最大の市場の1つになる可能性があります。視聴率または収益の […] MotoGP は、視聴者の忠誠心とそれが具現化する競争力のおかげで重要なイネーブラーであり、すでに世界中のほぼ 5 億世帯にリーチしています。 広告とテレビの権利の所有者であるドルナ スポーツは、360 度のイベント管理哲学の下で、獲得から配給まで、各グランプリのテレビ報道を制作します」とシュリ アヌラーグ タクール、ユニオン スポーツ大臣は述べました。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。