MotoGP 2022: マルケスを待っています

マチュー・トレサリューは本当に現象です。 確かに、ダート レースがほとんど文化的現象になっているフランス南西部の地域から来ていますが、この分野は遠く離れた場所から来たパイロットによって支配されています。 2022: チャンピオンのロマーノ フンメルがリストのトップに立ち、元優勝者のマルティン スモリンスキー、ディミトリ ベルジェ、ルーカス フィエンハーゲがそれに続きます。 Theo Pijper、Chris Harris、Josef Franc など、ファンにはなじみ深い名前です。 2021 年のロング トラック チャレンジで出場権を獲得したドイツのマックス ディルガーは、イギリスのザック ワイトクネヒトに加わり、ポーランドのスタニスワフ ブルザとチェコのマルティン マレクを約束します。
このワールド ロング トラックの決勝戦が行われた場所は次のとおりです。

6月2日 ジェシュフ (ポーランド)-
– 03.07. ミュールドルフ (GER) –
– 8月21日 – シェーセル (ドイツ) –
– 9月3日-フィナーレ-モリゼ (FRA)-
– 9月10日 – ファイナル – ベヒタ (GER) –
– 9月25日 – 決勝 – ローデン (NED) –

-もちろん、ドローンの海に氷山のように出現するモリゼスで行われた決勝について言及します。トレサリュのクラブであることは普通です。 一方、ドイツ、ポーランド、オランダ、ポーランドでは、他の出血がどこにあるのかさえ見ません。 ファイナルの 6,000 人の観客が燃えるような雰囲気を作り出したモリゼスをお勧めします。 ボルドーの隣にあり、散歩にも最適です。 そしてこのスポーツは、忘れがたい暴力性と優雅さを備えています。.. FFM は、Mathieu が複数のフランス チャンピオンであり、36 歳で、 2017年にはすでに世界チャンピオンであり、2018年と2019年にはダブルチームの世界チャンピオンでもありました。 片手の指、帽子をかぶった男…

クラッチローがMotoGPに復帰 ! したがって、モトGPを去ったドヴィツィオーゾの後任として、クラッチローはGPに戻ってくるだろう。 36歳の少年がポケットに舌を入れていることはわかっていますが、そうではありません 英語のユーモア ロブスターはスーパーマーケットのエビと比べてどうですか? 2020年に引退していたが、ヤマハのテストライダーとなり、いきなりリザーブライダーに… カルはミサノの公式テストにも出ていませんでしたが、彼はそこで何をしていたのでしょうか? 私は通常、可能な限り最大の嘘を助長するソーシャルネットワークから何も得ませんが、これは情報に関するものではなく、良い言葉に関するものなので、私はテイカーです. ” レースウィークがあることを今日ツイートし、水曜日に飛行機に乗っている私の写真をInstagramに投稿する必要がありますか? 羊と話しているときに何を言うべきか忘れてしまいました。確かに、私は長い間群れと一緒にいなかったのです。.. » 私はこの男を絶対に愛しています… 今日の話題に行きましょう…

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。