N.7の前のポールポジションにあるトヨタN.8

ニュージーランド人ブレンドン・ハートレイのトヨタN.8、スイスのセバスチャン・ブエミ、そして日本の平川亮が、木曜日のル・マン24時間レースでのハイパーポールセッションの最後の瞬間にポールポジションを獲得しました。

日本のメーカーは、土曜日の16:00(14:00 GMT)に始まるレースのお気に入りとしてのステータスを確認し、昨年の勝利を収めたトヨタN.7の2台目のハイパーカーも1列目に配置します。

最終ラップでは、ハートリーは日本の小林可夢偉の姉妹車(3:24:828/1000)に先んじて、3:24:408/1000にサルトトラックで夜のベストラップを設定することができました。 )、昨年のポールセッター。

キウイはまた、水曜日の夜の最初の予選セッションで各カテゴリーで最速の6台の車を集めたこのハイパーポールでのルマン24時間レースの第90版の開始以来、史上最高のタイムを記録しました。

「それは素晴らしいです、車は素晴らしいです」とセッションの後にハートリーは言いました。 「最終ラップでプレッシャーにさらされていました。 それでは週末に焦点を当てましょう。

-「私たちよりも速い」-

トヨタN.7はまた、チェッカーフラッグを受ける直前にグリッドの最前列でその位置を確保しましたが、ハイパーポールはそれまでブラジルのアンドレネグラオのアルパインが支配し、フランス人のマシューバキシビエールとニコラスストーンが加わりました。 後者は、フランスチームの期待外れのテストの後、基準時間を20分に設定したことに驚いた。

「彼らは私たちよりも速いことを知っています。去年のように静かなレースをしないように、遠く離れないことが重要です」とラピエールはハイパーポールの後で言いました。 3分24秒850/1000で3番目に、アルパインは2列目から始まります。

一方、アメリカのチームグリッケンハウスは、水曜日に非常に速かったときに、両方の車がプレミアクラスで最悪のラップタイムを設定したため、失望する理由があります。 したがって、N.709はアルパインの隣の2列目から始まり、708は3列目から始まります。

昨年、小林が3分23秒900/1000でメーターをパニックに陥れたときほど速く走ったハイパーカーはありませんでした。 しかし、ハートリーはまだ日本の記録的な時間の0.5秒以内でした。

LMP2カテゴリーでは、ベルギーWRTチームのオレカ-ギブソンN.31が最速で、ロビン・フラインスの非常に良い時間のおかげで、グリッケンハウスN.708の隣の3列目で彼の場所を確保しました。

午後の3回目のフリープラクティスセッションと同様に、コルベットN.64はLMGTEProクラスで1位になりました。 「紳士ドライバー」のLMGTEAmカテゴリーでは、イタリアチームAFコルセのフェラーリN.61も排除されました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です