NajlaBoudenが日本開発協会の会長に就任

今週の木曜日、2022年6月16日、Najla Bouden会長は、日本アフリカ経済開発協会(AFRECO)の矢野哲朗会長を迎えました。 カスバの政府宮殿で開催された会議は、オスマン・ジャランディ外相の出席によっても特徴づけられました。

首相はインタビューの中で、チュニジアにおける日本の主要なプロジェクトに触れ、その後、特にチュニジアと日本の大学間の健康、科学研究、パートナーシッププロジェクトの分野における、日本、チュニジア、アフリカ間の三国間相互扶助について詳しく述べた。と技術的な極。

Najla Boudenは、2022年6月23〜24日にチュニスで開催される「チュニジア投資フォーラム」に日本の投資家やビジネスリーダーを招待し、チュニジアでの新しいビジネスチャンスを発見できるようにしました。

彼の側では、日本の当局者は、チュニスへの彼の旅行は実り多いものだったと述べた。

矢野哲朗氏はスピーチの中で、チュニスで保健・財務・外相と会談し、両国間の相互財政支援と5月8日の準備について話し合ったと発表した。th チュニジアで8月27日と28日に開催されるアフリカの東京国際フォーラムの版。

AFRECOの社長は、チュニジアの心臓病学における共同医療プロジェクトと日本の技術「井上バルーン」の使用についても言及しました。

最後に、地域評議会からのプレスリリースは、矢野氏がチュニジアがアフリカへの日本企業の玄関口であると述べたことを明らかにしています。

あなた

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。