NATOと日本は彼らの政治的および軍事的協力を強化する

作成する前に トゥーロンでの途中降機 [ce qui ne s’était plus vu depuis 1983]練習船「かしまぜ」と「駆逐艦」「しまかぜ」を含む2隻の日本艦艇が、ITSマルゴッティーニフリゲート艦との演習に参加しました。 [Italie] およびTCGSalihreis [Turquie]現在、NATOの常設海事グループ2に所属しています。 [SNMG2]。

この種の交流は、「私たちのコラボレーションとパートナーシップを強化する絶好の機会です。 […] 私たちはあなたの海軍のコアバリューの多くを共有しているので、一緒に働くことは相互に有益です。 日本は、NATOが関係を発展させているユーロ大西洋地域以外の多くの国の1つです」と、現在SNMG2の責任者であるイタリアのマウロ・パネビアンコ少将は、日本のフォーメーション司令官である小牟田秀覚少将に語った。

そして、この協力は今後も増え続けるはずです。 実際、同時に、同盟の軍事的方向性を設定し、北大西洋理事会に助言することを任務とするNATOの軍事委員会の長であるオランダのロブ・バウアー提督は東京に旅行し、そこで彼は特に共同チーフの山崎幸二将軍に会った。日本の自衛隊のスタッフと岸信夫、日本の防衛大臣の。

バウアー提督との会談で、ロシアのウクライナ侵攻とインド太平洋での中国海軍活動の激化が詳細に議論された後、山崎将軍は、東京は「NATOとの協力を強化する」と約束した後、マスコミに語った。そのため、「一方的に現状を強制的に変更しようとする試みは、世界のどの地域でも容認されるべきではない」、そして日本は「法に基づいて開かれた自由な国際秩序を支持する決意を維持した」。

岸氏は、日本は「NATOのインド太平洋地域への幅広い関与」を歓迎する前に、「欧州諸国との関係を強化する」ことを望んでいると述べた。 「特に今のヨーロッパとアジアの安全保障は、国際社会が直面している深刻な課題と密接に関連している」と彼は述べた。

念のため、昨年、NATOは、中国の「野心」が「規則に基づく国際秩序と協定の安全保障に関連する分野に体系的な挑戦をもたらす」と考えた。 北京との領土問題による東京での一般的な観察 [comme celui des îles Senkaku]南シナ海における台湾と中国の主張の問題。これへのアクセスは日本の貿易にとって不可欠です。

とはいえ、このNATOと日本の協力の強化は、より多くの合同軍事演習につながる可能性があります。 一方、岸田文雄首相は、6月28日、29日、30日にマドリッドで開催される次の同盟サミットに招待されました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です