Netflixのアニメーションサイバーパンク2077予告編は素晴らしく見えます

広告

Netflixは、アニメシリーズの最初の予告編をリリースしました。 サイバーパンク2077。 ゲームについての不満が何であれ、ドアに置いておきたいと思うかもしれません。

あれは サイバーパンク:エッジランナーCDPR開発者が深く関わっている10話のスタンドアロンアニメシリーズですが、アニメーション自体はスタジオトリガーによって処理されます。 彼女を殺す彼女を殺す リトルウィッチアカデミー

これは、私がこれまでゲームで行ったことのあるものよりもクールに見えます。

広告

Netflixの厚意により、公式の説明と関係者のリストは次のとおりです。

このシリーズは、テクノロジーと肉体改造に夢中になっている未来の都市であるナイトシティを生き残ろうとしているストリートの子供についてのスタンドアロンの10話の物語です。 失うものはすべてありますが、彼はエッジランナーになることで生き続けています。これは、サイバーパンクとしても知られる無法の傭兵です。 ビデオゲームCyber​​punk2077の背後にある会社であるCDPROJEKTREDは、ショーランナー兼エグゼクティブプロデューサーとしてRafałJaki(The Witcher 3:Wild Hunt、Cyber​​punk 2077、The Witcher:Ronin)、Satoru Homma、Bartosz Sztybor、サヤアンシエンがプロデューサーを務める。 CD PROJEKT REDチームは、2018年からこの新しいシリーズに取り組んでいます。 有名な日本のアニメーション会社StudioTriggerは、シリーズのアニメーションスタジオとして機能し、サイバーパンクの世界をその特徴的な活気のあるスタイルで生き生きとさせます。 今石洋之(Gurren Lagann、キルラキル、プロメア)がシリーズを監督し、クリエイティブディレクターの若林宏美(Kill la Kill)、キャラクターデザイナー兼アニメーションディレクターの吉成曜(リトルウィッチアカデミア、BNA:Brand New Animal)、脚本の適応宇佐義樹(GRIDMAN UNIVERSEシリーズ、プロメア)と大塚雅彦(スターウォーズ:ビジョン「エルダー」)。 原曲は山岡晃(サイレントヒルシリーズ)。

シリーズは9月に始まります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。