One Logo, One Story エピソード 10: 大日本帝国、トヨタ

One Logo, One Story、ロゴを通してブランドの歴史をたどる AutoPlus ポッドキャスト! 大日本帝国トヨタの第10話です!

この 10 番目のエピソードへようこそ 1 つのロゴ、1 つのストーリーからのポッドキャストAutoPlus.fr 何の痕跡 ロゴを通してブランドの歴史.

このため 第10話世界最大のメーカーの歴史をたどり、 トヨタ. 数字を見るだけ!

2020 年だけでも、グループは 全世界で900万台

現在、同社は日本から生まれ、5 大陸を横断し、170 か国以上で販売しています。 日本のブランドがこれほど成功しているという事実は、主にその優れた信頼性と前衛的な技術によるものです。

ロゴの歴史からたどる、トヨタの歴史を振り返る!

また読む:
ひとつのロゴ、ひとつのストーリー 第9話:ポルシェ、シュトゥットガルト製の卓越性
ロゴ、ストーリー エピソード 8: Citroën、革新のコーナー
1 つのロゴ、1 つのストーリー エピソード 7: 人々の車、フォルクスワーゲン

1948年以降に本当に始まる物語

わずか24歳の若い日本人、豊田佐吉が最初のものを発明したああ 19世紀末の日本からの機械織機番目 世紀。 これは大成功であり、群島の繊維産業にも革命を起こすでしょう。

しかし、若い発明家はそこで止まりません。 もっとうまくやれると確信した彼は、数年間、織機の全自動システムの開発に取り組みました。

1924 年、彼の決意は報われました。 息子の喜一郎の助けを借りて、長年の夢を実現し、自動織機を完成させます。

父と同様、豊田喜一郎は非常に創造的で独創的な若者です。

豊田喜一郎はまだ気づいていませんでしたが、1937 年 8 月にトヨタ自動車株式会社を設立して、日本の自動車産業に革命を起こそうとしていました。

しかし、日本のメーカーの特徴であるこれらの異なる楕円は何を意味するのでしょうか? それか ここで聞く:

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。