PLAN 75 劇場での自発的な安楽死に関する映画 2022 年 9 月 7 日


日本では、近い将来、高齢化が加速します。 政府は、高齢者が一定の年齢を過ぎると、社会にとって役に立たない重荷になると考えており、人生を終えるための物流的および財政的支援を提供する「プラン 75」プログラムを設定しています。

プラン75の候補者であるミチ、政府のリクルーターであるヒロム、そして若いフィリピン人の看護師であるマリアは、致命的な協定に直面しています。 (アロシネマ)

日本人は社会的利益を大いに必要としており、社会に負担をかけ続けることは彼らの文化にはまったくありません.

このプログラム (プラン 75) への登録は任意ですが、社会的圧力が高い (「高齢者は高い」)。
子供たちはいなくなり、年老いた両親のことを気にかけません。


社会保障はまったくありません(日本の年金は非常に低いため、高齢者は 70 歳を超えて働かなければならないことがよくあります)。

私たちは映画について考えることを怠りません グリーンサン (Richard Fleisher 著、1973 年) 高齢者は、音楽とパノラマ画面の背景に現れる風景を選択することによって、快適な環境で死ぬように勧められました。

『PLAN 75』は、2022 年カンヌ国際映画祭ある視点部門で発表されました。

右翼の非常に後進的な国であるフランスでは、彼の人生の終わりを選択するように人々に話させる映画ですが、ベルギーとオランダでは 20 年以上前に何の問題もなく法律が可決されました (宗教的な狂信者を除く)。 )とスイスでは自殺幇助。

パンデミックは、EHPAD(扶養高齢者のための病院施設)の悲劇と欠点を露呈させた.

静けさと平和を残す瞬間を選択したい人のために、別の人生の終わりの選択肢を提供してみませんか?

医者 フィリップ・ハイグ・ニチケ Exit International の創設者であり、 サルコカプセル 宣言: 安らかな死を迎えることは合理的な成人の権利である、と彼は述べ、次のように付け加えた。 70歳以上の人はいつでも死ねればいい. »

安楽死という言葉は古代ギリシャ語で「安楽死」を意味することを思い出してください。幸せな死」。

それも覚えましょう 自殺は法律違反ではない !

しかし、地下室や屋根裏部屋で絞首台にかけられた野生動物のように首を吊って自殺したり、橋から水に身を投げたり(恐ろしい死)、電車や地下鉄の下に身を投げたり(車掌や乗客のことを考えてみてください)することは、安らかな死ですか?

フォロワー:

http://www.lebleudumiroir.fr/critique-plan-75/

ProLIFE 対 ProCHOICE : https://youtu.be/tuigIuI0U84

https://www.agoravox.fr/tribune-libre/article/la-fin-de-vos-soucis-avec-la-sarco-237817

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。