PS5:「もしも」はマーベルシリーズであるだけでなく、ソニーからの完全に未来的な特許でもあります

ゲームニュース PS5:「もしも」はマーベルシリーズであるだけでなく、ソニーからの完全に未来的な特許でもあります

特許は、ビデオゲームの開発者やメーカーを含むすべての人のアイデアを保護するために使用されます。 この場合、非常に興味深いデポジットを考え出すのはSonyであり、…リプレイをwhat if?モードで提供します。 説明します。

多元宇宙に入るところ

私たちはそれを知っています:多元宇宙の原理はポップカルチャーで非常に人気があり、マーベルはそれを上から下まで探求して喜んでいます。 とりわけ、 昨年ディズニープラスで放映された彼のアニメシリーズ「WhatIf?」は、特定のコンセプトを扱っています。各エピソードは、すでにリリースされているが、イベントの結果が異なっていた場合の映画のストーリーを伝えます。 たとえば、キャプテンアメリカがスーパーソルジャーセラムを受け取っていなかったらどうなるでしょうか。 そして、ウルトロンがサノスではなくすべてのインフィニティジェムを集めたらどうなるでしょうか?

これが私たちのゲームで実際にそれを利用することを真剣に考えたソニーを喜ばせるように思われるピッチであると想像してください。 日本企業は最近、このアイデアの特許を申請しました 「whatif」をリプレイしてから、そのようにプレイしていなかった場合に何が起こったかを表示します。

最先端

たとえば、攻撃ではなく回避することを選択した場合に何が起こったかを知ることができます。 または、前進して野外に出るのではなく、影にとどまっていたとしたらどうなるでしょうか。 実際のところ可能性は無限(無限?)であり、SF映画からまっすぐに見えます。

彼のアイデアを適用可能にするために、この特許は、Sonyが機械学習とメタデータを利用しており、人工知能を活用しながら他のすべてのユーザーからデータを収集することを明らかにしています。 実際、いくつかのシナリオが可能であり、それはゲームプレイのデモを通じて明らかにすることができます。

それが引き起こすかもしれない好奇心は別として、一部の人はそれを感じます この機能はeスポーツや競技会に使用でき、プレーヤーは自分の決定や行動から一歩後退することができます。 正直なところ、システムは完全に非公開のままであるため、実際にはシステムの有効性を検証することは不可能です。 特許を出願することは、技術が実際に市場に出されることを意味するものではありません。 しかし、それは確かに存在します…そしてそれはソニーによって所有されています。

PS5: PS5:

PlayStation5について

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。