Pyrénées-Orientales-Terrusによる偽の絵画:「これらは間違いなく偽物です」、専門家のJérômeMontcouquiol

JérômeMontcouquiolは、パリのターキン法律事務所の専門家です。 パリ、地方、海外の300以上のオークションハウス、および個人にサービスを提供する研究センター。 専門家にとって、Terrus事件は芸術家の死の100周年を台無しにしました。

調査の一環として、JérômeMontcouquiolは、2017年12月に容疑者の絵画の調査を依頼され、2018年1月に報告書を提出しました。 彼にとって結論は明らかです。 「」彼らが偽物であることは明らかです。 1つか2つを除いて。 接着された紙、板紙の帆布は戦後の絵画素材のメーカーから来ています彼は説明する。 マリールイーズを外すと、エティエンヌテリュスの時代の20年から30年のリアサポートが見つかります。 は間違いありません。 そして、二重の署名がある特定の作品があります。 キャンバスの後ろには、別の作者の名前が表示されています。 これらは、スペインのフリーマーケットで20〜30ユーロで見つけることができる粗野で下品な偽物です“。

この場合、新しく任命された専門家は何と言いますか? この最初の偽造の証拠に新しい要素を追加しますか? 誰にも言えません。 しかし、JérômeMontcouquiolは、この訴訟の結果をすでに評価しています。

そうです、 “賭け金はまだセザンヌやゴッホのアドバイスのものではありません。 私たちは500から800ユーロの仕事の準備ができています。 この場合、すべてが不幸です。 第一に、あちこちで言われていることとは反対に、写真はエルヌ美術館に展示されていませんでしたが、保管されて展示のために提供されました。 エティエンヌ・テッラスという名前を前面に出すのに20〜30年かかった後、私たちは成功せず、彼はこの偽物で非常に有名になりました…実際のリハビリテーション作業を行う必要があります。 それは私たちが芸術家の実際の作品について話したり、見せたりすることを妨げ、そして何よりもエティエンヌ・テッラスの死の100周年を台無しにします。 特にペルピニャンのリゴー美術館で開催された「ゴーギャンの太陽の下でのモンフライド」展では、何か大きなものを想像することができました。 CollioureでMonfreidに出会ったTerrusの周りで何かが共鳴したのかもしれません。 しかし、特にイメージの面では、美術館だけが犠牲者ではなく、個人でもあります。 麻痺します。 そして最も重要なことは、それがアーティストと市場全体の評価を完全に下げたことです。 Fake-Bauzil、Fake-Hanicotteもあるので…容疑者が市場から完全に姿を消したので、裁判所の決定が必要です。 私にとって、本当の犯人はそれらを認証した人です“。

ペルピニャン:真偽のゴッホ

シュールな話は良い映画から出てきたかもしれません。 しかし、それはフィクションではなく、ペルピニャンのプロモーターの実話です。 1986年、アルバートシェリはゴッホ委員会に連絡を取り、フォンテーヌダンアンパルクと呼ばれる家族の絵画を認証しました。 専門家は同意しませんが、フランスの専門家は、国家科学警察の創設者の1人であるロイク・ル・リボーを含め、反対の証言をしています。 とにかく、起業家は戦いをあきらめず、ドアをノックし、手紙を増やし、テレビに出ます。日本でもそうです。 「」この話は何年も続いた「、アルバート・シェリに話します。」今日まで、私はアメリカ最大の法律事務所の1つから手紙を受け取りました。 連絡を取りましたが、この絵がゴッホとして認められたらどうしようかと聞かれました。 私は答えました:私はそれを売っています。 彼らは私に言った:完璧です、私たちはそれを世話します、私たちは販売に参加します(そして仕事はおよそ1億5000万スイスフランと見積もられます、編集者のメモ)そしてあなたは何も支払う必要はありません。 彼らは委員会に一通の手紙を書き、私たちは即座に返答を受け取りました。 ゴッホの専門家は同意しましたが、予約がありました。 彼らは私にアムステルダムの美術館に絵を持って行って欲しいと言っていました。 しかし、彼は保険をかけられなければならず、公証がまだなかったので保険は受け入れられませんでした。 それから当時の文化大臣は私たち​​がフランスから写真を輸出することを禁じました。 それから私はたくさんの税務監査を始めました。 私は地獄を通り抜け、当時ペルピニャンで大きなプロジェクトを構築しました“。

圧力が強すぎます。 「」やめてプロモーターは継続します。 2000年の直前でした。とにかく、新しい絵が認証されるたびに評価が下がるので、彼らはそれを認識したくありません。 パリの銀行の金庫に入れて、もう話しません。 しかし、私たちは見るでしょう…ロイク・ル・リボーは、彼らが存在し、いつの日か、ペンキやブラシに埋め込まれた髪、またはあごひげのように、彼らに話させることができると私に言いました。「。ゴッホのあごひげ?

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。