RTL Today – 日本では、公衆浴場が生き残るために自らを再発明しています

かつて日本ではどこにでもあった公衆浴場、または銭湯は、列島全体で何年にもわたって減少しています。 しかし、それらのいくつかは、自分自身を活性化し、顧客を若返らせるために革新しています.

今日の日本には約 1,800 の銭湯しかなく、1960 年代後半の 10 分の 1 であり、男性と女性を分けています。必見の富士山などの伝統的なモチーフのフレスコ画で飾られた、一般的に時代遅れの雰囲気のこれらの浴場で裸で入浴しましょう.

銭湯の閉鎖は、改装のための資金不足、コストの上昇、所有者が後継者を見つけるのが困難なため、危機的な数に達しています。

彼らの失踪は、強い社会的結びつきを弱体化させるリスクがあります。 東京に 10 年近く住んでいる 32 歳のアメリカ人であるサム ホールデンは、これらが「一人暮らしの多くの高齢者を含む、誰もが集まる (…) 近所の場所」であることを強調しています。

ホールデン氏が共同理事を務める協会「Sento et Quartier」は、アメリカン・エキスプレス・グループの支援を受けて、ワールド・モニュメント基金から約20万ドルの助成金を獲得し、東京発の銭湯である稲荷湯を宣伝しました。 1930年から保護し、隣接する小さな100年前の建物を共同生活空間に変換する.

ホールデン氏はAFPの取材に対し、「同僚と私は、これらの歴史的建造物が集合住宅などに変わる前に保存したいと思った」と語った。

– クラフトビールとビニール –

銭湯の価格は市当局が設定しているため、東京では 500 円 (4 ユーロ未満) です。

しかし、日本の天然温泉である温泉とは異なり、銭湯は一般的にガスで浴槽を温めるため、現在のエネルギー価格の高騰に対して脆弱です.

いなり湯を夫婦で営む土本俊治さん(60)によると、今年は昨年に比べて光熱費が5割増えた。

東京のもう一つの銭湯、小金湯が2020年に全面リニューアルオープンし、おしゃれなスポットになりました。

生コンクリート造りの小さな応接室では、若い客がベンチに並び、レコード盤で流れるレトロなジャパニーズ ポップスの音に合わせて生ビールをすすっていた。

「銭湯のイメージは、おじいちゃんおばあちゃんが集まる場所です」と、友人と小金湯に来た 25 歳の IT ワーカー、植田浩平さんは AFP に語った。

「しかし、このような銭湯では、よりファッショナブルでモダンな (…) ほうが快適に感じます」と彼は付け加えます。

-「デジタルデトックス」-

東京を拠点とするもう 1 つの銭湯である Komp-pal は、客数を増やすために「流行に敏感」なスタイルに頼るのではなく、テクノロジーに頼っています。

1950 年代から家族が経営していたこのバーの経営を引き継いだ角屋文隆さん (36 歳) は、バーの出席データを日別、時間別に詳細に分析し、ソーシャル ネットワークで銭湯を宣伝してその効果を測定し始めました。

これにより、この日本のグループ オリンパスの元技術者は、より多くの女性が彼の銭湯を訪れたり、日曜日の朝に営業したりすることを奨励するために女性従業員を雇うなど、的を絞ったビジネス上の決定を下すことができました。

「銭湯は常に日本の文化の一部でした」とカドヤさんはAFPに語った。 そして最近では、すべての持ち物をロッカーに置いて熱いお風呂でリラックスすることは、一種の「デジタルデトックス」になる可能性があると彼は言います. 「それこそが、今日の若者が必要としているものです。」

東京銭湯協会のブロガーである奥野康子さん(30)は、これらの銭湯は仕事の後にリラックスするのに最適な場所だと考えています。

「久しぶりに銭湯に入った時、重りがなくなったような感覚でした」と振り返る。

「大きなお風呂があり、常連さんが温かく迎えてくれて、おしゃべりしました。」 時間が経つにつれて、「それは私にとって第二の家のように感じ始めました.」

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。