Sasol と伊藤忠商事がグリーン水素とアンモニアに関する覚書 (MoU) を発表

Sasol と伊藤忠商事は、グリーン アンモニア市場とサプライ チェーンを共同で研究開発するための覚書 (MoU) に署名しました。 両当事者はまた、グリーンアンモニアの輸出を目的とした Sasol のプロジェクトへの伊藤忠商事の関与および参加の可能性についても検討します。これには、製品の購入、および南アフリカでのグリーンアンモニアプロジェクトに関連する研究および助成金に対する日本からの財政支援が含まれます。 MoUは、チュニジアで開催されたアフリカ開発に関する東京国際会議(TICAD 8)で署名されました。この会議は、大陸における日本とアフリカの持続可能な開発を促進するためのフォーラムです。

世界最大の金融機関の 1 つであり、持続可能な金融ソリューションのマーケット リーダーである三菱UFJ銀行は、覚書の調印に立ち会いました。 グリーンアンモニアはグリーン水素から作られ、電気分解プロセスを介して再生可能な電力 (太陽光と風力) から作られます。 これは、肥料生産の正味ゼロを達成するための鍵であり、炭素を含まないバンカー燃料として使用できる海洋部門で、火力発電での混焼のために重要です。

グリーンアンモニアは、特に長距離での優れたエネルギー源であり、輸送も容易です。 製品は、他の用途のために水素ガスに「分解」することもできます。 Sasol は、南アフリカで多くのグリーン水素研究とプロジェクトを推進しています。 B. 北ケープ州の Boegoebaai。これには、輸出用のグリーン アンモニアの大規模生産が含まれます。

南アフリカの優れた太陽光、風力、貴金属資源を考えると、同国はグリーン水素と、アンモニアや航空燃料などのその誘導体の世界的なハブになる態勢を整えています。 水素とアンモニアは、日本のグリーン成長戦略において重要な役割を果たしており、石炭や石油などの炭素集約型化石燃料への国の依存を減らす大きな可能性を秘めた「新しい資源」として位置付けられています。 日本は将来、グリーンアンモニアの主要な輸入国になることが期待されています。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。