SHŌGroupがサンフランシスコのSalesforceParkとNFTベースのグローバルメンバーズクラブにレストランをオープン

ホスピタリティのための体験プラットフォーム

SHŌGroupは、高級レストラン、ナイトライフ、小売店での食事のコンセプト全体で独自の顧客体験を生み出すことにより、コミュニティを構築する体験型ホスピタリティプラットフォームです。 チームは、レストランとテクノロジーに関心のある起業家のJosh Sigelと、受賞歴があり高く評価されているシリコンバレーのシェフである有名シェフ兼ブランド名のShotaro( “Sho”)Kamioによって率いられています。 2013年にバークレーのフォースストリートにオープンしたカミオ氏の個人事業主は、これまでで最も有名で有名なベンチャー企業です。 SHŌGroupに関与する投資家には、Salesforce、Erica、Jeff Lawson(TwilioのCEO)、Craig Ramsey(Vlocityの創設者)、Dan Springer(DocuSignのCEO)、Drew Houston(DropBoxのCEO)が含まれます。 SHŌGroupはまた、サンフランシスコベイエリアに拠点を置くBridgeBankのCarloSerafiniおよびEdLambertと、銀行業務について提携しています。

象徴的な場所

グループの最初のレストランベンチャーであるSHŌは、サンフランシスコベイエリアで比類のないダイニング、エンターテインメント、ナイトライフ体験を生み出します。 SHŌは、サンフランシスコの中心部にある最新のランドマークであるTransbay JointPowersAuthorityのSalesforceTransitCenterの上に建設されます。 レストランはセンターの屋上にあり、SalesforceParkと呼ばれる空にある12エーカーの公共の都会のオアシスです。 SHŌGroupは、レストランの絶好のロケーションを称え、強化するために、サンフランシスコを拠点とする国際的なデザイン会社AvroKOのスタジオに委託しました。このスタジオは、世界で最も象徴的なレストランのいくつかと、受賞歴のあるAvroKO系列のスタジオBrandBureauに取り組んできました。作成したブランドSHŌを作成しました。

エクスペリエンスガストロノミー

空間そのものと同じくらいユニークでエキサイティングなダイニング体験を提供します。シェフの翔は、米国ではこれまでにない伝統的な日本のダイニング体験を提供します。囲炉裏は、40平方メートルの炭を中心とした素朴な職人技のキッチンです。新鮮な地元の食材を準備するために炎の暖炉を設置したいと考えています。 屋上スカイラウンジでは、現代的な日本の寿司バー、タパス、小皿料理を提供しています。 サンフランシスコベイエリアのセレブシェフ兼寿司職人である佐々木正樹が、SHŌの寿司事業を主導します。

「SHŌは、季節、シンプルさ、驚きへの欲求に触発された、私の料理の創造性の頂点になります。 絶対にユニークな場所で囲炉裏料理をアメリカに持ち込むことができて光栄です」とカミオは語った。 「日本の農民や庶民が何世紀にもわたって使用してきた薪火料理は、うま味を使った料理を提供し、食事を楽しんだり、会話を盛り上げたり、かつて火の周りに集まっていたコミュニティの感覚を取り戻したりします。 »»

SHŌGroupは、レストランのコンセプトに加えて、SalesforceTransitCenterの1階にある日本の食品市場であるSHŌMarketも発表しました。 市場の買い物客は、SHŌと同じ品質の食材で作られた作りたてのお弁当を選ぶことができます。 SHŌMarketでは、新鮮なサラダ、屋台の食べ物に着想を得た料理、パッケージ済みのおやつ、特別に厳選された日本酒、持ち帰り用の素晴らしい手作りアイテムも提供しています。

グローバルNFT

SHŌGroupは間もなく、NFTに基づく専用メンバーズクラブを立ち上げ、メンバーがSHŌGroupのプラットフォームで、主力レストランであるSHŌを中心に、没入型の体験と専門的なサービスにアクセスできるようにします。 NFTとして提供されるSHŌClubのメンバーシップは、そのメンバーの資産になります。 このNFTはブロックチェーンで公的に検証可能であり、流通市場で販売または取引することができます。 NFTを使用することは、人々が発見し、成長し、助け、交流し、メンバーに今後数年間の指数関数的な価値を提供することを奨励するコミュニティを作成するというグループの使命をサポートします。

SHŌClubは3つのメンバーシップ階層を提供し、すべてメンバー限定メニューと専用屋上ラウンジを利用できます。 SHŌクラブの一部として、専任のコンシェルジュが24時間年中無休ですべてのメンバーに対応し、優先予約を提供し、ゲストの送迎のための無料の車両を提供し、 DasSHŌ-体験がより簡単で忘れられないものになります。 ミッドティアメンバーシップは、特別なおまかせディナーや有名人のゲストとの交流の機会、シンクタンクや教育プログラムへの参加など、追加のメリットを提供します。 メンバーシップの最上位層は、メンバーにいくつかの共有のような利点を提供し、日本への非常に特別な旅行を含み、特別な体験や一般に公開されていない場所への前例のないアクセスを可能にします。 SHŌClubのすべての初めてのメンバーは、創設メンバーと見なされ、生涯にわたって世界中のメンバーシップを保持します。 創設メンバーは、SHŌグループの将来のすべての場所と経験にアクセスできます。

「SHŌグループは、並外れた交流と瞬間を通じて期待と展望を混乱させ、ホスピタリティのルールを再定義することを目指しています」と、SHŌグループのCEOであるJoshSigelは述べています。 「私たちは、世界初のNFTベースの体験型クラブの1つであるSHŌClubで、待望の最高のダイニングとナイトライフ体験をサンフランシスコベイエリアにもたらすことに非常に興奮しています。 サンフランシスコは冒険の最初の一歩に過ぎません。 »»

SHŌグループについて
SHŌGroupは、高級レストラン、ナイトライフ、小売店のダイニングコンセプト全体で独自の顧客体験を生み出すことにより、コミュニティを構築するグローバルなダイニング体験プラットフォームです。 2023年には、サンフランシスコの象徴的な旗艦ビルであるSalesforce Parkの頂上にある日本食レストランSHŌや、専属メンバーであるSHŌClubはもちろんのこと、日本食レストランの小売店であるSHŌMarketなど、グループ初のサンフランシスコ体験がデビューします。 ‘NFTをベースにしたクラブで、当初はレストランSHOに焦点を当てていたSHŌグループのプラットフォームで、メンバーがユニークな体験やサービスにアクセスできるようにします。
https://shogroup.com

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。