STEG 発電所 Rades “C” の完成。

三菱パワーは、チュニジアのラデス「C」複合サイクル発電所の試運転を発表しました。 チュニジアの電力・ガス会社 (ウェブ)。

高効率の 450 MW プラントは、三菱パワーとそのパートナーである住友商事が率いるコンソーシアムによって開発されました。 そして、これはチュニジアの電力容量を増やし、安定した電力供給を確保するためです。 国の持続的な経済発展を加速する。

チュニジアの首都から約 10 km 東に位置するラデス「C」は、現在の設備容量の約 10% を供給し、国内で最も効率的なプラントになります。

実際、「ラデス「C」発電所は、今後数十年間、チュニジアの成長を加速させる上で重要な役割を果たすでしょう。 […] この主要なプロジェクトは、チュニジア全体で増大するエネルギー需要を満たすのに役立ちます。 最先端のソリューションと脱炭素化技術により、エネルギー転換を促進することを目的としています。 水素、炭素回収、エネルギー貯蔵のように」. これは、STEGのCEOであるHichem Aneneが説明したものです。

さらに付け加えると、「ラデス「C」ピーク発電所は、国の環境目標を満たすように設計されています。 CO2排出量削減に大きく貢献します。 そしてそれは、最小限の変更で簡単に水素生産に変換できるテーラーメイドのガスタービン技術を使用しています。」

チュニジアにおける三菱パワーの長期的な取り組み

「私たちはパートナーと共にここにいることを誇りに思います。 これは、世界で最も近代的で効率的で信頼性の高いガス火力発電所の 1 つが完成したことを記念する、この歴史的なマイルストーンを祝うものです。 そしてチュニジアの発展に貢献すること。」 これについては、三菱パワー株式会社の社長兼 CEO であり、三菱重工のエネルギー転換およびエネルギーシステム本部副本部長であるシニアフェローである川本英志氏が指定しています。

さらに、川本氏は、「ラデス ‘C’ コンバインド サイクル発電所は、チュニジアに対する三菱パワーの長期的な取り組みを反映しています。 過去 40 年間にわたり、STEG が国の電力容量を拡大するのに、当社の高度な技術が役立ってきたからです。 STEG は 60 周年を迎えますが、今後数十年にわたって STEG とチュニジアの人々を支持し続けます。 将来を見据えたソリューションを通じて、国の持続可能な開発目標の追求をサポートすることです。」

なお、三菱パワーは本プロジェクトに高効率M701F型ガスタービン、蒸気タービン、排熱回収ボイラ(HRSG)を供給した。 建設と試運転の段階をサポートするために、現場の技術コンサルタントと監督者のチーム。 さらに、三菱パワーは、TOMONI HUB との長期サービス契約 (LTSA) に基づいて、発電所のメンテナンスで STEG をサポートします。 これにより、365 日 24 時間の連続監視が可能になります。

2,000 の追加ジョブ

一方、コンソーシアム パートナーである住友商事は、工場の残りの設備を提供しました。 また、土木・据付工事も引き継ぎました。

このプロジェクトは、国際協力機構 (JICA) が組織した日本の政府開発援助 (ODA) によって資金提供されました。 これは、日本政府の「質の高いインフラのためのパートナーシップ」イニシアチブの一環です。

このプロジェクトでは、地元のコンテンツ、材料、リソース、設備を使用しました。 これにより、約 70 の正規雇用と 2,000 の雇用が創出されました。

ラデスのプロジェクト「C」でも、現地のコンテンツ、材料、リソース、設備が必要でした。 これにより、約 70 の常勤雇用が創出されました。 プロジェクトの開発と建設中に2,000の追加の仕事。

念のため、三菱パワーはチュニジアのチュニジアに40年間存在しています。 ラデス「C」と同じ場所にある 340 MW ラデス「A」発電所の STEG とのプロジェクトから始まった旅。 ガスおよび石油燃焼ボイラーと蒸気タービンに関連する発電ソリューションの供給を含みます。 ラデス「A」発電所は、1985 年以来、チュニジアの送電網に電力を供給しています。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。