Team Asobi は 100 人の従業員を目標としており、これまでで最大のゲームを構築しています

Astro Bot: Rescue Mission で PlayStation VR 所有者を征服し、Astro’s Playroom ですべての PS5 所有者に嬉しいウェルカム ギフトを提供した後、Team Asobi は現在、最も野心的なゲームに取り組んでいる、とクリエイティブ ディレクターの Nicholas Doucet は確認しています。 そして今回、それが新しいギアの標準であることに疑問の余地はありません(PS VR2はたまたまそうです)。次のチームアソビは実際にはPS5で販売されるゲームになるからです.

2021 年春に本格的なスタジオになったとき、従業員はわずか 35 人だったチーム アソビは、現在 60 人のチームの本拠地であり、新しい需要に対応するために 100 人に成長する予定です。 特に、これには研究開発への絶え間ない焦点が含まれます。これは、新しいアイデアを思いつき続けるためだけに、すべてのチーム メンバー間のローテーションに基づいて、労働力の 10% を占める活動です。

現在の生産方法は順調に進んでいます。 しかし、私たちは別の研究開発グループを持ちたいと考えており、そのグループの十分な数の人々が私たちの興味のある分野を探求できるようにしたいと考えています. そして、おそらくより多くのプロジェクトを開始するために“、Nicolas Doucet を要約します。”しかし、制限は設けていません。 適切な人がチームに参加したい場合は、彼らと話す準備ができています. やるべきことは常にあります。 実現すべき新しいプロジェクトが常にあります。 私たちはお金や時間に縛られません。 そのようにスタジオを 2 倍にすることができれば、全員が仕事をすることができます。」と彼は付け加えます。

日本を拠点とする Team Asobi は、特定の地域文化を反映しながら、世界中の視聴者向けのゲームを作成することを目指しています。 そして、そのブランドはもっと問題になるでしょう フィーリング 非常に多くのチェックボックス。 “私たちは、人々が私たちのゲームをプレイするとき、正確に言うことはできませんが、日本で作られているように感じられるようにしたいと考えています.Nicolas Doucet 氏は、スタジオの従業員の 75% が日本人であると付け加えています。 この点で、外国人が日本語を学ぶ間、現地スタッフは英語を学ぶよう努めています。

作業モードに関しては、チーム アソビは、チームの大部分が自宅で作業できるハイブリッド操作を選択しました。 しかし、スタッフは 2 週間ごとに新しいスタジオ スペースに集まり、彼らの作品を披露し、フレンドリーな雰囲気の中でゲームを手に取っています。 これにより、スタジオは仕事よりも遊びのためのスペースを好むという印象を受けます.

座って、遊んで、話す、実践的な瞬間を持つことが重要です。 それに合わせてスタジオを作りました。 対面の瞬間、コントローラーを渡し、人々に大丈夫かどうか尋ねます…これらの会話はリモートで行うことができますが、同じ部屋の同じソファに座っているのと同じではありませんニコラ・ドゥーセは証言する。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。