TICAD: モロッコと日本がパートナーシップの卓越性を確認

ニューススタンド360。 チュニジア大統領の行動に続くモロッコの撤退を特徴とする第8回TICADサミットの後、王国と日本は良好な関係を確認した。

8月末にチュニジアが主催した第8回アフリカ開発会議(TICAD)サミットの機会に、チュニジアのカイス・サイード大統領によって引き起こされた外交論争は、モロッコと日本の間の良好な関係にまったく影響を与えません。 少なくとも、モロッコがチュニジア大統領の王国に対する敵対行為に抗議してサミットから撤退した翌日、両国間のこれらのやり取りから結論づけることができる.

5月5日月曜日号で アル・アクバル ナセル・ブリタ外務・アフリカ協力・在外モロッコ人担当大臣が先週後半に日本の林義正大臣と行ったビデオ会議の詳細について報告します。

このインタビューを承認したプレスリリースを参照すると、 アル・アクバル は、二者が二国間の二国間関係の状況と展望について話し合っただけでなく、8 月 27 ~ 28 日にチュニスで開催された前回の TICAD サミットを台無しにした事件についても話し合ったと報告しています。

交流の冒頭で、両大臣は、両国を結ぶ絆の卓越性と強固さ、モハメッド 6 世国王とムハンマド 6 世国王の間の高い尊敬と親密さによって特徴づけられる絆を称賛しました。 そして日本の天皇、広宮徳仁。

同様に、日刊紙ナセル・ブリタは、これらの交流を利用して、王室の指示に従って、モロッコは常に日本との関係を促進し深めることを特に重要視してきたことをカウンターパートに思い出させたと付け加えた. この出版物は、同じプレスリリースを引用して、両国の経済関係のレベルは依然として両国の潜在力、能力、意志を下回っていることを両大臣が強調したと付け加えています。 このため、両国は、二国間協力の枠組みを提供し、今年、投資と反二重課税に関する2つの重要な協定の発効によって特徴付けられる、すでに広範な法的手段を強化するために必要な措置を講じることに合意しました。

同様に、モロッコへの投資機会を特定するための代表団による訪問を計画しており、日本の主要な経済団体の注目を集めています。

両大臣は、食料安全保障の分野、特にリン酸塩と肥料の分野における両国間の協力についても話し合った後、この分野での関係を「単なる顧客」を超えてより高いレベルに引き上げることにも合意しました。 -supplier” 関係、反響するプレス リリースを指定 アル・アクバル.

チュニス事件に戻っ​​て、日本の外務大臣は、「不可欠なパートナー」と呼ばれる国であるモロッコが TICAD サミットに参加できなかったことについて、モロッコのカウンターパートに改めて遺憾の意を表明した。 彼は、日本が傀儡組織をサミットに招待していないことを確認し、チュニジアに対し、この点に関して必要な行動をとるよう促した。

ナセル・ブリタ氏は、今回の TICAD のホスト国であるチュニジアが、日本のパートナーとの協議なしに行われた深刻な虐待に対する責任を想起し、正式に山頂に招待されていない組織の存在と参加をもたらしました。

外務大臣によると、これらの相違は、サミットの結果と期待される影響に不注意に影響を与えましたが、それにもかかわらず、日本とアフリカのパートナーシップの祝賀と強化のイベントになるはずです.

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。